calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

てれれ映像チームの学習会

 

 

 

今日はカメラ操作の仕方などを学習。

 

昼はみんなで食事の準備。裏でとれた「のびる」や「ねぎ」など入れたみそ汁と炒め物。
男性陣がみそ汁と羽釜でご飯炊き。

 

DSC06233.JPG

 

DSC06234.JPG

 

 

そして映像見たり、これからの仕事の話しなど打ち合わせも。

 

DSC06235.JPG

で手打ちそばを頂いたり・・・
よく食べ、よく笑い・・・


at 2017.04.12 Wednesday, 20:37, てれれ, 滝畑プロジェクト

第3回エンディング講座「夢野家」訪問

 

 

千早赤坂村のグループホーム夢野家(ゆめのうち)を訪問

 

DSC_0455.JPG

 

ここは国道沿いにある築40年の一軒家。

認知症の症状があり、要支援2もしくは要介護1〜5の認定を受けている人を対象にみとりも行っている。

 

「ゆったりと老いる自由をたのしみましょう」とホームページに。
 

 

代表の鶴谷文代さんにお話を聞かせてもらった。

 

夢野家2.jpg

 

実家で親を亡くした後ここにグループホームを作ったそうだ。それまで介護の仕事とは無関係だったが、親の介護をする中でグループホームを作ろうといろいろ奮闘したそうだ。

 

今6名の方が入所している。家の横の畑で取れる野菜などで食事を作りみんなで食べる

なにより「とても楽しい」という話しが印象的だった。

 

夢野家3.jpg

 

入所している人もおだやかな顔をしている。

日本間と洋間もあり一人一部屋ずつある。

なんだか、自分の家で何人かと一緒に住んでいるという感じがした。

 

DSC_0451.JPG

 

夢野家6.jpg

 

夢野家5.jpg

 

みんなで奈良ホテルに食事にいったり、6人なので職員の車2台に分乗していろいろな所を訪問しているそうだ。

 

DSC_0449.JPG

 

お風呂も車いすで入るのではなく、シーツをもってハンモックのようにして入浴介助をしているそうだ。

いろいろあるもので工夫すると言う。

 

 

夢野家7.jpg

 


 

なかなか素敵な所であった。

 

DSC_0452.JPG

 

 

その後、近くの結の里さんでコーヒータイムを取りながら今日の振り返りを参加者とする。

 

DSC_0456.JPG

 

そしてはるかさん家の山にあるツリーハウスを見せてもらったり、お餅をよばれたり歌をうたったり楽しいひと時を過ごす。

 

 

そして滝畑に移動して打ち上げ

 

DSC_0467.JPG

 

今回もなかなか有意義な一日でした。

鶴谷さんのような理念を持ってグループホームを運営している「場」というのは貴重だ。

自分家のような雰囲気で終末をケアする人もされる人も楽しく過ごせる「場」の存在を知りとても希望が持てた。

これからも少しいろいろな所を訪問したいと思った。

 

 


at 2017.03.19 Sunday, 23:06, てれれ, 滝畑プロジェクト

柿と栗の木の剪定

 

 

農アドバイザーの鈴木さんが柿と栗の木の剪定に来てくださった。

昨年あまりにも収穫できなかったのでぼやいていたら剪定しないと

ということで来てくれました。

 

DSC06053.JPG

 

あまり高くなると手が届かないので上にのびる木と重なって陽を

遮断している枝を払うことを教えてもらった。

 

DSC06054.JPG

 

DSC06057.JPG

 

かなりすっきりしましたよ〜。ありがとうございます。

 

ついでにジャガイモを植えるのと、畑を見てもらって、スナップエンドウ

はもう枯れてきてるのでだめですよね。と言うと、霜にやられてるだけで

藁を撒いてやると大丈夫と教えてもらい、なんだか農家さんみたい。に

なりました。

 

DSC06059.JPG

 

マキマキさんに車で近くの苗屋さんに連れて行ってもらい

レタスやパセリやセロリやブロッコリーなど一株ずつ買ってきた。

さてまた鳥さんや虫さんに全部食べられるかもしれないけど・・・

 

DSC06060.JPG

 

そしてなにわねぎや菜種菜とともに下の大根も!頂いた。

18日エンディング講座なんでみんなでよばれます。

 

DSC06061.JPG

 

農家さんのPRビデオをドキュメンタリーのような感じで作りたい

という話し。面白そうなんで、作れたらいいな。

 

実は若い人たちが映像づくりしたいと言っているので、なんとか

支援できないかと思っていたところ、その話しをすると共感して

いただけたようなんで、ぜひみんなで作れたらと思っている。

 

田舎での映像づくり、実験的に始まりそうなんでワクワク。


at 2017.03.15 Wednesday, 17:59, てれれ, 滝畑プロジェクト

獅子鍋と薫製

 

 

3月14日 かわちながの観光ボランティア倶楽部の面々のオフ会、獅子鍋と薫製の会?に誘ってもらった。

 

湖畔レストランの下のキャンプ場で。

みなさん手慣れたものですぐに石を集めて窯を作り網を乗せて・・・

 

 

DSC_0443.JPG

 

猪肉は地元のTさんが持って来てくれた。

 

 

DSC_0440.JPG

 

DSC_0444.JPG

 

DSC_0442.JPG

 

ちょっと肌寒い日やったけど、おかげですごく温もった、大量に炊くとものすごく美味しい。

これは滝畑のイノシシの肉やそうな。去年はあまり取れなかったとおしゃってた。

 

 

DSC_0445.JPG

 

DSC_0446.JPG

 

そしてTさんが、ある材料で工夫して作ってくれた薫製の入れ物。

なんと持ち運びができるよう全部取り外せるようになっている。

 

DSC_0439.JPG

 

出来上がった薫製。初試食。いや〜やみつきになりそうなほど美味い!!!

 

DSC_0448.JPG

 

一昨日の綿紡ぎの日に誘ってもらって、ラッキーでした。

 

 

 

 


at 2017.03.14 Tuesday, 19:32, てれれ, 滝畑プロジェクト

綿つむぎ

 

 

かわちながの観光ボランティア倶楽部の人が来てくれ、

館のボランティアの人も手伝ってくださって・・・

 

DSC_0434.JPG

 

綿打ち弓でふかふかにする。

 

DSC_0436.JPG

 

これを糸繰り機で糸にしていくのだが、なかなか難しい。

ほっとんど出来ずに帰ってきた。再挑戦しないと。

 

 

DSC_0438.JPG


at 2017.03.12 Sunday, 19:17, てれれ, 滝畑プロジェクト

裏庭の池作り

 

 

昨日お二人が来てくれて庭づくり。

 

DSC06040.JPG

 

DSC06043.JPG

 

私が毎日一本、いや半本づつぐらい廃材を切っていたんですが

 

それを見事にこんなに美しくしてもらいました。

 

DSC06045.JPG

 

ここにピザ窯を作りたいと思っています。

 

 

 

DSC06050.JPG

 

池はヘドロを取りのどいて少し掘り、囲いも作る。

あと庭の垣根を竹で作るという構想案を聞いていろいろ想像しあいました。

 

 

DSC06049.JPG


at 2017.03.12 Sunday, 10:12, てれれ, 滝畑プロジェクト

柿の木とかの剪定

 

3月15日(水) 久しぶりの畑の日

時間はだいたい午後1時頃からと思っていますが、来れる時にどうぞ。

 

農アドバイザーの鈴木さんが来てくれます!

 

表の道の横に柿の木や栗の木があるのですが、2年前にはたくさん収穫できたのになぜか昨年はほとんど実らずでした。その話しを鈴木さんにしたら、剪定しましょうと言ってくださいました。

 

DSC06037.JPG

 

15日久しぶりに来てくださいます。

 

みなさんぜひ久しぶりの畑、来てくださいね。

 

 

裏の畑は少しずつ畝っぽいものを作っています。

今は近くの方が植えてくれたいちご、細い細いだいこんと人参(とは言えないほど)でも春が近づいてきたら九条ネギやわけぎ(もうすっかり枯れちゃった、と思っていたのに)水菜などが元気になってきています。レモンの木とブルーベリー、オリーブは持ちこたえてますよ〜。ブルーベリーは小さい芽がでてきています。

 

これからいろいろ植えていきたいなあ。

 

今の畑

 

DSC06038.JPG

 

 


at 2017.03.09 Thursday, 10:07, てれれ, 滝畑プロジェクト

綿うちと紡ぎ体験

 

 hanabi hanabi hanabi hanabi hanabi

 

滝畑てれれの畑で収穫した綿うちと紡ぎ体験を一緒にしませんか。

 

DSC05932.JPG

 

DSC05933.JPG

 

 

日時 3月12日(日)13:00〜16:00頃まで
場所 くろまろ館(河内長野市立ふるさと歴史学習館)
    河内長野市高向2230-5
電話  0721-64-1560

 

 

河内長野駅から滝畑行きバスで「奥河内くろまろの郷」下車
河内長野発12:30→12:39着
12:40分ぐらいにくろまろの郷ビジターセンター(バス停の後ろ)に集合しましょう。

 

参加希望者は事前に連絡くださいね。
eizoinfo@terere.jp 

 

 

※人数が集まるようでしたら歴史学習館の案内をしてもらいましょう。たいへん興味深い河内長野市の文化など分かりやすく展示していてその解説をしてくださいます。

 

 

春にはまた苗を植えて、今度はもう少し多く収穫できたらいいなあ
と思っています。


at 2017.02.19 Sunday, 12:09, てれれ, 滝畑プロジェクト

里山フォーラム

 

 

 

2月14日15日と丹波篠山で行われた里山フォーラムに参加。

 

DSC06014.JPG

 

 

結いの里のはるかさんに誘われ、スガハラさんに運転してもらって、ノコギリ奏者のサキタさんの車と2台でいざ篠山へ。

 

もう行きの車中でしっかり盛り上がる

 

DSC05988.JPG

 

「完璧にできなくても作ってだめだったらやり直したらええ。家とか作っていきたい。その実験場が各地であれば・・・」

 

そうか、ではピザ釜もだめでも良いので一度設計図を作りやってみよう。不具合がでても修復していけば良いのだ。実験中でよい。模索していくのは面白い。

 

 

 

DSC05991.JPG

 

さてフォーラムが始まるが、初めての私はなかなか付いていけない。

 

まずDASH海岸」に出演されている海洋環境専門家・木村尚さん、大阪湾沿岸域環境創造研究センターの岩井克己さんの話し。

 

とりあえず印象に残ったのは人は見える所(陸上)は気にしているが水の中はどうなっていても気にかけないのではないか。貝が絶滅したらそれに宿る貝も絶滅し、ついには人間も・・・

 

 

DSC05994.JPG

 

 

 

多胡光純さん。なんかすごいものを背負って出て来た。

 

DSC05997.JPG

 

なんじゃこれ!どうもハングライダーのような。

 

でも2時間半ほど飛べるらしい。それを背負って各地を撮影しているという。

 

しかもその映像はなんともすごい。単なる空撮というもんじゃなく、地面にすごく近い所をスイスイと自由に動き回って撮影。

 

この山の向こうは。この森の向こうはとどんどん興味がわくそうな。人が住んでいる地域ってどんな所か上から描く。そしてそこの住民に見てもらう。なんと素敵な!

 

見ているうちにこの人の映像をみんなで見る会、そうだ滝畑映画祭をしよう。テーマは「里山」や!

なんて浮かんできた。

 

その話しを多胡さんに話すとぜひ滝畑撮りましょう。と言ってくれた。

 

まあなんということ!

 

自身、田んぼや畑をされていて自分が食べるものは自分で作るという。だからこそその地域を撮影し、そこに暮らす人に目を向ける。そんな姿勢がすごくいいなと思った。

 

 

 

DSC06002.JPG

 

連れ合いさんの多胡歩未さんの話しも。

 

木のおもちゃを作っている。

 

子どもたちがそれを使って工夫して自分のものにしていくようなおもちゃを時間をかけて作っている。

 

100年先を思っての活動。なんとも素敵な話しだ。

 

 

 

そして、同じ河内長野在住のサキタハジメさんのノコギリ演奏。

 

DSC06005.JPG

 

目をつむってと言って演奏が始まる。

なんだこの音は。びっくりするくらい心の奥に響いてくる。

目をあけるとノコギリとサキタさんが居る。

 

今は木に関心があり、山を鳴らすという試みをされてるそうな。木に弦を繋いで音を。

どうするんや。実験段階だそうですが、海の中にノコギリを持ってもぐって音を鳴らそうと試みた人だから驚くことはない。思いが深いのできっといつか木から音楽が聞こえてきそうな気がする。

 

 

 

DSC06007.JPG

 

そしてその後、三浦豊さん、初めて会う人たちなので戸惑いもあるが、この人も、もうなんとも言えずええ感じ。

 

都会の石の間から草が生えている、おっ、あっちにもこっちにも、草草草。と今度は街路樹が。小さな木が庭に、そしてどんどん生い茂り林に森に。

 

それで全国の森を2年だか3年だか歩いたそうな。そして今森の案内人をやってるそうな。

 

木はほっといたら林に森になる。人が変なことしなかったら、森で木々がのびのびと生い茂るんやなあ。そんなことを感じながらぜひ滝畑の山の木々の案内をしてほしいと思った。

 

 

一応第一日めはこれで終わりだが・・

 

ゲストさんの話しの合間に参加者(80名ぐらい)が小さなグループになり自己紹介したり、今の話しで感じたことなどをのべながら交流していく。そしたら初めての人ともしっかり知り合いになれ、お互い気になることをいろいろ交換でき、なんとも面白いやり方だ。

 

 

DSC05990.JPG

 

 

 

夜は大広間で交流会。ここでもまた話しが盛り上がる。

 

翌日も夕方まで続く。私はかなり疲れてしまい面白かったという印象はかなり深かったが、翌日のことはあまり覚えていない。

 

 

今進路に迷っている学生さんも居れば、小さな子どもさんを連れたお母さんもいる。高齢の一歩手前で退職した人。失敗を重ねながら踏ん張って今に至る人。

 

でもみなさん何だかキラキラとしている。なんだろうね。100年先の未来を見ながら今、自然体で暮らしている。暮らそうとしている。そんな生き方が輝いて見えるのだろう。

 

 

DSC06020.JPG

 

DSC06021.JPG

 

DSC06025.JPG


at 2017.02.17 Friday, 13:44, てれれ, 滝畑プロジェクト

雪の滝畑てれれ

 

 

10日朝起きると雪がどんどん降っている。

すでに積もっている。

 

さぶっ。

この冬一番の雪景色。

そういえば昨日は0度その前は−1度。

 

DSC05960.JPG

 

8時18分発のバスはけなげに走っているのだ。フレーフレー!

 

DSC05982.JPG

 

DSC05971.JPG

 

雪が落ち着いたらこんな景色に!

 

DSC_0426.JPG

 

ちょっと遊んでみたくなる

 

DSC05961.JPG

 

 

バスのロータリーの雪もよう

 

 

 

 

翌々日

 

バサッと雪がとけて屋根から落ちる音。

さすがに石油ストーブに火をつける。

 

DSC05985.JPG

 

頂いた人参とレモンでジャム、頂いた里芋とゲソで煮物、ストーブが朝から作ってくれる。

 

 

DSC05987.JPG

 

それに菜の花のしら和え、頂いた海苔の佃煮と大根の漬け物(年末に前の大家さんからレシピと大根と砂糖塩を頂いて漬けた)を、ああ、それに頂いた梅とじゃこの炊き込み御飯。

頂いたマコトさんのお茶碗でついつい食べすぎる昼ご飯。

うますぎ!ありがたい!

物々交換。

 

 

さて私は何を手渡してきたのか。

今後何を手渡していけるのか。


at 2017.02.11 Saturday, 18:17, てれれ, 滝畑プロジェクト

<< | 2/17PAGES | >>