calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

滝畑光滝寺で初不動と餅まき

 

2018年1月28日(日)

 

26日餅米洗い、27日餅つき、28日餅まき

 

なんと8石の餅米が滝畑の人たちの手で餅に丸められていく

近年機械も導入されたというが、朝から夕方までどんどんどんどん

餅が出来ていく。さすがにすごい数だ。

 

28日は朝からぜんざいを炊く。窯11個にぜんざいがグツグツ煮えている。これは参拝者にふるまわれる。今日は雪もよう。熱々のぜんざいは腹にしみわたる。みなさん喜んでおかわりする人も・・

 

 

IMG_0257.jpg

 

本堂の前ではゴマ焚きが

 

 

いよいよ餅まきが始まる

 

IMG_0266.JPG

 

いつもながらみんな我を忘れた姿に!

 

IMG_0274.JPG

 

IMG_0289.JPG

 

アレアレ背中に餅の粉が!

 

IMG_0301.JPG

 

途中から雪が降り始める

雨にもマケズ、いや雪にもマケズ、

 

いやはや、やっぱり餅まきは面白い、つい手が出てしまう。というより足下に落ちて来るおこぼれの餅に手をだすだけだが、それでも楽しい。今年は6個ほどつかまえた!

 

IMG_0295.JPG

 

 

いつのまにか行列が?

お餅の表面に赤で数字が書かれている。それでお酒とかティシュペーパーとかいろいろな物が当たる。これはたまらないだろうなあ。

 

IMG_0315.JPG

 

近くに光滝があり、それが寺の名前の由来らしい。

飛鳥時代に行満が開いた寺とされ、槇尾山施福寺の奥院でもあったそうだ。

 

私が子どもの頃から餅まきがあり、おばあちゃんに連れられてよく行ったものだと話すと

80過ぎの人が私の子ども時代からあったよ。ということでほんとに昔から続いている餅まき。

 

しかし準備がたいへんだ。それも村の人が集まってみんなでワイワイ言いながら作っていく。

かなり年配の人も居る。どこからこの元気が?と思うくらいテキパキと仕事をこなす。

 

たくさん人が集まるといろいろ大変だろう、それでもこれだけ続いているのは何なのだろうか?

人里離れた地ということで結束するのか、昔からの習わしを大切にしているのか、順繰りに伝わっていってるのか。

 

一緒に物作りする行為は人と人のコミュニケーションにはにはとても有効だと思う。現に移住してからまだ2年しかたってないが、村の祭りなどの手伝いをすることでいろいろな人と話しができる。「あんたのおばあさんとうちのおじいさんとは従兄弟どうしや」とかからはじまり、昔の生活など少しずつ話してくれる。もっともっと話しが聞きたいと思う。

 

祭りも面白いので、これからも参加していきたい。

 

 


at 2018.01.28 Sunday, 19:22, てれれ, 滝畑プロジェクト