calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

滝畑の人権委員会のイベント

 

この日は早朝からイベントの準備に参加

私の大好きな半夏至餅をつくって配るという。

 

DSC04172.JPG

 

小さい頃、半夏至餅(はげっしょもち)と呼ばれていて

これは奈良とかの農山村地域で夏至の頃につかれた餅で

餅米と小麦を半々についた。夏の頃であっさりしている。

 

できた餅は小さくきってきな粉にまぶす。

 

DSC04170.JPG

 

これが麦、押し麦らしい。

 

DSC04161.JPG

 

滝畑には昔からこれをつく習慣があった。

しかし小麦を買っているいつもの店で販売しなくなるそうだ。

小麦を作る農家が減っているらしい。

 

午後から河内長野市郷土研究会の椋本進さんの話を聞く

 

DSC04177.JPG

 

奥河内と言えば行き止まりのイメージがあるが、実は滝畑は、

河内の国 紀の国、和泉などに囲まれた交通の要所で、

昔は盆踊りなどに近隣から人が集まってきたそうだ。

雨乞いの踊りから六斎念仏の話へ。90軒あった村でその半分

が太鼓を打てたそうで稔仏が声と音がどんどん掛合って来て

さながら稔仏合唱団が組曲を奏でてるようだという。

それが体を動かす踊りになっていくという。なんだかすごく

壮大な民族芸能を想像する。

 

余興に河内長野観光ボランティア倶楽部の人が

滝畑太郎と花子の人形を太郎に扮した村の人と共にみんなに配る。

(岩湧山から茅を刈って運ぶ姿の人形)

 

DSC04176.JPG

 

DSC04181.JPG

 

DSC04185.JPG

 

 


at 2016.07.13 Wednesday, 17:49, てれれ, 滝畑プロジェクト