calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

ソウル3人旅




419日から3日間ソウルに行ってきました。
ハングルの勉強兼ねてのはずがとんでもない道中に。
 
初日は「戦争と女性の人権博物館」に直行。地図を見ながらなんとか到着。

DSC03495.JPG


博物館は日本軍「慰安婦」の人たちの思いを映像や写真や音などを駆使して展示されていた。日本語の解説を聞きながら進んでいくとハルモニたちの恐ろしさや悔しさがぐっと迫って来た。



DSC_0164.JPG

博物館に学習に来ていた高校生に「ナビ」は日本語で何と言いますかと質問され「蝶」と答えられた。まあその程度の韓国語なんでよっぽど高校生の日本語には及ばない。

DSC03487.JPG




ナビ基金
「ナビ」は日本軍「慰安婦」被害者とすべての女性が差別と抑圧・暴力から解放され自由に羽ばたくことを願ったシンボルです。被害者の崇高な意思によって戦時被害女性を支援する寄付金を集めるために創設されたのがナビ基金です。(韓国挺身隊問題対策協議会・戦争と女性の人権 博物館パンフより)

ナビ基金も説明されてあり、ベトナムにおける韓国軍による性暴力被害者への支援と特別展示もされていた。日本はしっかり見習うべきだ。




 
翌日は景福宮を見学、日本に留学していたという女性に日本語で解説してもらいながら回ったので細かいことまで教えてもらえた。

DSC03496.JPG

DSC03497.JPG

DSC03527.JPG

DSC03513.JPG

DSC_0176.JPG


この日はちょうど水曜デモがある日だったので午後参加した。
2015年10月に1200回目を迎えた。年間2万人あまりが参加するそうだ


DSC_0183.JPG

この日もたくさんの人たちが参加していて音楽あり、スピーチありで、言葉が理解できないながらもその熱気が伝わってきました。そして若いたぶん学生さんらしき人たちもスピーチをしていたのには感激しました。

DSC_0189.JPG

 
後は博物館や美術館をゆっくり、また駆け足で回りました。

DSC_0196.JPG

DSC_0199.JPG

電車を2台やり過ごして右往左往していると「日本語わかりますよ」と声をかけてくれた人。駅から反対の階段を降りたがために目的のホテルが見つからず1時間探しまわったり、美味しいものが食べたいとレストランを探し回ったが結局居酒屋のような所で食事したり。まあそれはそれで楽しかったです。
いやー3人よったらなんとかなるとお互い慰め合いながら、中身の濃い旅を体験できました。
 
今回は先生が急病で行けず、生徒3人の危なっかしい旅でしたが、片言の韓国語に日本語も飛び出しながら、なんとか無事帰ってくることができました。

at 2016.04.28 Thursday, 23:15, てれれ, -