calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

てれれのこれから



よし!てれれを再開しよう 第三回目

DSC00090.JPG



多彩なゲストを迎え、参加者と徹底トークをした。
すごい 意見がいっぱい飛び出した。
今後のことを考えるヒントがたくさんあった。


DSC00095.JPG



<今までのてれれ>
・10年前個人が作った作品を初めて見た。衝撃的だった。
 それまでは自分の言葉で話す場がなかった。
・作品を見て、何がいいたいのかわからず真剣に考えた。
 その場に来た人の感性が違うので、枠をはずしてくれる。

・上映者として人が来ないとしんどい。3人でも来てくれたら楽しい。
 その葛藤があった。
市民メディアは何をやってきたのか? 
 市民メディアのテレビ版、たまたまの場面を切り取っただけで
   どうする。

 参加者は、 何を見せられるかわからない物を見る余裕が無い。
 無審査で10年続けてきたのはすごい。

DSC00094.JPG


 
<これからのてれれ>
・てれれは今の社会の中で必要とされる場である。
 本気なリアルな感じ。それが
何かを言葉にし伝える必要。
グアテマラではスカイプで同時上映会を年一回行う。
 てれれもやり方を媒体を変えてみてはどうか。

社会的活動はお金儲けにむかない。いいことにお金を出す人を探す
連歌のようにみんなの出番があって、かつしばり(例えばテーマ)
 があって面白くなるのでは。

口こみでももう人は来ない。 
 ハリウッドや、各地の映画館も全員が悩んでいる。
 てれれがその突破口になる可能性があると思う。

素人がやる型破りな見せ 方
   PC
もって街を歩くなど見せ方の正解方法は無くなっている。
作った人が プロデュースしてこう見せたい。
   海の映像作ったから海で見せる。
   どこでも映像が見られるようになった。
   ハリウッドにはできない、素人だからできる上映の仕掛けがある
 

DSC00100.JPG



終わってからいつものように二次会。 今回は三次会まで

DSC00104.JPG

at 2014.07.14 Monday, 15:01, てれれ, よし!てれれを再開しよう