calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

「市民がメディアになるとき」

 



DSC01968.jpg


6月30小山帥人さん著作「市民がメディアになるとき」出版記念パーティにパネ ラー参加してきた。 帯に「オルタナティブ・メディアの‘’いま‘’がわかる」とあるように世界各地で 市民がどうのように発信しているか紹介されている。カフェ放送てれれがヒント をもらった「テレボカル」も勿論紹介されている。 テレボカルは「金魚鉢」という意味でどこからで見れる。てれれは「マテ茶」み んなでお茶しながら交流する。 実はてれれのことも書いてもらってます。「てれれは今や日本の市民メディアの 世界では知らない人がいないほどのメディアになった」なんて、すごいことが書 かれているが、始まって10年たった今、すこしずつ全国に広まりつつあると思う。 パネラーの話の中でネット配信やFMラジオでは番組内容の規定があり、このような 内容はダメと決められている。てれれは何でもよし。問題のある作品が出て来た 時はどうするか?と質門を受け「それも上映して、みんなで語る。そんな土壌が 10年間でできてきた。それとてれれは小さなメディアなのでそのようなことが可 能なのだと思う」と返答。







小山さんは、技術の発展により貧乏でも発信できる場ができてきた。いろいろな 人たちが多様な発信をするようになってきた。近年市民の発進力が弱められてき たが、もっと力をつけて「メディアを憎まず、メディアになろう」と力強く語った。

at 2013.07.10 Wednesday, 20:23, てれれ, -