calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

カフェ放送てれれ5&6月号感想

 

※上映会場のアンケートに書いてもらったものです。

●カフェ放送てれれ上映全般についての感想

・作品を観た後、色々お話をしてさらに、そこから様々な考えがうかんでくるの
 が面白かったです。
・何度も観ると愛着がわいてきます。
・今回のは、パワ−ポイント風なのが多い・・・・かな。わかりやすいかもしれ
 ないが、伝わりにくいと思った。
・映像を観に行って、観て皆で話すという行為はやっぱりいいなとおもいます。
・てれれは、なかなか社会派になりつつありますネ。
・さまざまな会場でいろいろな人に出会えるのも“てれれ”のおもしろさですね。
・何度か映像を見直して、本当に伝えたいことをきちんと伝えられる映像を創る
 ことができたらなぁと思いました。
・てれれではまだまだ新人と思っていましたが、今日の上映を見て、「アレ?
 ちょっとてれれっぽくないかも…?」と感じるくらい、いつの間にかてれれに
 染まりつつある自分を発見した今日の上映会でした。単に自己満足的なだけ
 の映像は観ていて正直つらいけど、レベル(技術)が上がれば上がったで、
 てれれっぽくなくなる?不思議です。あっ…きれいに撮りすぎてパワーを感じ
 にくかったかも。
・「てれれ」らしくない映像やね、今回は!!との意見あり。でもいろんな意見
 が出る何でも有りの「てれれ」らしいという結論で、みな納得という感じで終
 わりを迎えた。





●作品別感想
① あした天使になあれ
・きれいに作られている。市民手作り、というのがここからはあまり感じられな
 かったのが残念。

② もんじゅを廃炉に!
・普通のメディアでは見られない貴重な映像。面白かった。
・宣伝カーが無かったら良かったな。(政党のPR番組みたいで気になった)
・(上記とは反対に)そういう、作り手が意図していないかもしれないことが
  写ったり、それが気になったりしてしまうことも面白い。
・‘11に参加したので、ゲート前の警備や検問が加わっていることを知らされ
 た。

③ 大阪都構想
・行政の組合の人が作ったみたいな番組・・・(笑)。
 市民目線ではないような。
・本質が良くわかりました。
・寝屋川市在住だけれど、他人事では済まされないなぁと。自分が住んでいると
 ころの社会システムが変ることどうなるのか、想像できず…、映像を見ながら
 考えさせられました。
・都構想の話はなーんとなくいやな感じ暗いしかなかったのが身近な話の問題提
 起でおもしろかったです。高槻市民の自分としても、街への誇りと愛着がある
 ので、暮らしが変ることへ対してもうちょっとアンテナをたてないとなーと。

④ 生玉稲荷神社朝市
・同じ名古屋市だから、ぜひ行きたい!こんな場所があるんだと興味深かった。
・「いつからやってるの?」「むかしから」おばあちゃんかわいい!!
・何気ない様子がよかった。
・和み系の作品で、現地に行ってみたくなりました。

⑤ 1億人の十字架刑
・本人の声ではないことが、とても残念。誰がそれを話すのか、というのはとて
 も大切だと思う。
・ちょっと教科書的。途中から言葉に耳を傾けるのがつらくなってしまった。
・原爆をなくす運動の新たな地平を感じました。
・共感をおぼえます。

⑥ 空間
・途中で集中力が切れてしまった・・・。
・こういう作品がてれれに出されることはとても興味深い。アート的な作品を今
 後も期待したい。
・刺激的ですが、自分の想像力の乏しさを感じました。
・わかるようなわからないような。

⑦ さくらんぼの実る頃
・歌の力ってすごいと思った。語らなくても伝わるものがすごくある。
・追憶のパリコミューン。世界史の勉強不足で映像が短く、知識不足で、逆に興
 味をそそられています。勉強してみます。エディットピアフ、シャンソン、パ
 リのエスプリ、学生時代の第2外国語のフランス語へのあこがれを思い出しま
 した。
・なんとなく心がジーンとする作品です。
・手回しの楽器がいい感じ。
・労働者が初の社会主義政権をつくったのに、全員死刑にしたのがショッキング
 で


at 2013.07.07 Sunday, 14:15, てれれ, 上映報告