calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

明日から3日 4ヶ所続くてれれ上映

 
明日から以下の日程で続けててれれ上映
18日(金) 19:00〜あわたま
18日(金)19:00〜カフェコモンズ
19日(土)19:00〜シネマ館
20日(日)13:00〜オシテルヤ(ふくろうの会)


今回出品している「路地と人、てれれに会いに会いに大阪へ」はアサヒアートフェスの交流支援を
受けててれれ訪問し制作されました。その報告を転載させてもらいました。 ーーーーーーーーー

路地と人では、昨年のAAFがきっかけとなり、昨年6月より「カフェ放送てれれ」を定期的に上映している。

 てれれの上映会は今年で10周年を迎える。
今はまだ残念ながら関東圏では浸透しているとは言いがたいが、地元大阪では多数の上映店や作品
応募者が居るという。そこで、本拠地てれれの事務所を訪ねたり大阪での上映会に参加し、その魅力
に迫り、これからの路地と人での上映会に活かそうというのが、今回の目的である。

 また、今回の訪問は映像として記録され、次の「カフェ放送てれれ」で上映作品として
参加されてもらうことにもなっている。


初日はまずてれれの事務所を訪問し、てれれを主催している下之坊さんにインタビューを
試みる。その後、サポートスタッフである堀さんやこれから新たに上映会を始めようとしている澤田さんなどが
事務所にやってきたので、彼らにも取材をさせてもらう。

 

これらのインタビューから、「カフェ放送てれれ」とは映像を作って応募するだけが表現
なのではなく、(それが自分の作品ではなくても)てれれを上映する事自体が自己表現の手段として捉え
られているのだという事が非常に強く伝わってきた。


 翌日は、直接てれれには関係はないけれども、この日南森町にあるAIBO Action Incubation Box Osaka)にて下之坊さん出演
の対談「やりたい事をやりぬく女性にきく〜石川尚子×下之坊修子〜」が開催されるというのでこちらも見学
させてもらう。

 その後、今日の上映会場である「カフェコモンズ」に移動し、上映会に参加した。この
カフェコモンズは、ひきこもりやニートなどに支援を行っているNPO法人
日本スローワーク協会によって運営されており、若者に労働体験を提供する場として作られた店である。

 そしてここでは、毎週金曜日にコモンズ大学という企画を行っており、てれれの上映会もその
企画内のひとつの定期イベントとして2ヶ月に一度開催されている。

 上映前に下之坊さんによる個々の作品解説があった。これまで、路地と人ではてれれ側が
用意してくれた解説シートを参加者に配るのみに留まることが多かったので、これはとても参考になった。

 ここでの上映会参加者のほとんどはコモンズ大学に普段から参加しているメンバーであり、
またこの場所自体が社会との関わり合いについて深く考えているせいもあり、観ている全員が非常に社会や
コミュニティといった内容に関心が高いという印象を受けた。上映後の談話も、自然と行政にまつわる話題
などが登場した。

 その他「どのような人が映像を作っているか」また「見に来ている人の感想は?」
などといった話題も扱われ、てれれ周辺の人たちの様子を知ることもできた。


今回の訪問で、てれれは、上映する、応募する、観る、どの立場においても自主性と
創造性を 持って参加していく事が、よりてれれを楽しむ秘訣だということがわかった。
無審査ということもあり、すべての作品が面白いとは限らない。面白いのか面白くないのすら
かわからなくても、とにかく楽しむこと、そこに参加する人、
その人それぞれの意味を見出している気がした。


at 2013.01.17 Thursday, 18:22, てれれ, 上映済み作品