calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

2013年1&2月号作品概要

 

2013年のカフェ放送てれれは1月11日から始まります。

今年は中井監督の『森の慟哭』のダイジェスト版から始まり、初出品の
作者の『ドバト』11月に生きにくさをなんとかしようと「始動ノ初回」という
上映会を企画した作者。これも初出品の『ほのぼの系』。東京のてれれ
上映者「路地と人」のメンバーがてれれを訪問、その報告映像。
また武蔵大学の学生の被災地支援プロジェクト。もう何回になるでしょ
うか。やはり続けることの意味を感じさせられる作品です。また大阪の
女たちと南三陸の女たちがファッションショーを通じて交流する様子も
今年も益々多様な映像が続出!!!!



■2013
12月号作品概要



 
1.『予告編 森の慟哭』中井信介 3

  減少を続けるサラワクの熱帯雨林。日本は、昔も今も木材輸入

  の最大顧客である。


森の慟哭



2.
『ドバト』(仮名)サイトー・project  4

  平和の象徴ハトの作品を作るはずが一変、世論、大衆、民意、

  マジョリティに対するアイロニー(皮肉)へと向かう




3.
『路地と人、てれれに会いに大阪へ』菊川ゆうこ 12

 AAF交流支援プログラムを利用して、路地と人がてれれの本
拠地大阪へ見学に行ったときの記録映像です。








4.
『ほのぼの系』大島嘉仁 130

 家族が平和でいられれば、世界が平和になると思う。ここに、
「家族主義宣言」を表明する。







5.
『福島でこれからの生き方を考える』12

武蔵大学の学生による被災地支援のための市民メディア
プロジェクト。
信濃むつみ高校の取り組みを紹介








6.
『ファッションショー』下之坊修子 11

 和泉市で和をモチーフにファッションショーが行われた。
大阪の女性たちと南三陸の女性たちの交流が展開していく。



at 2012.12.27 Thursday, 17:50, てれれ, 上映済み作品