calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

チャリンコ上映会

 

てれれ大賞&納涼会は無事終了しました。

昼の準備中はものすごい猛暑でこの企画におもいきり後悔したけど
夜になると涼しい淀川の川を渡る風がここちよく、ほっとした。

ゲルを建てた。木と布を組んでできる移動式の家。すごくうまくできている。
それに美しい。日陰に風が通るし、気持ちの良い空間。上映後はみんなで
歓談できた。








40人以上の人が参加してくれた。
作者も東京以外の人は全員集合、お店の人もいっぱい来てくれた。
てれれクラブの人、その友人たち、初めての人や、通りがかった人も
「何やってるの」と参加してくれた。



あやしげな人も・・・





大空の下で受賞式ができた。
淀川の川の風を感じながら、自転車こいで電気おこしてプロジェクターで
映像を観る。なんともぜいたくな上映会だ.


―――受賞作品―――

てれれ大賞
『ゆうきからのお知らせとお願い』新設Cチーム企画

てれれクラブ賞
『マンホール』松井 喩姫

棒グラフ賞(てれれクラブ特別賞)
『橋下改革とは何だったのか』佐藤 貴志


―――各作品の賞は以下―――


『グリーンマン』高島与一
あんたが大笑(ふくろうの会賞)、ひこばえ賞、カフェコモンズ賞、
京都文教大賞

『民族を超えた連帯
 −KIWA-(コリアタウン労働連帯)の闘い』高賛侑
京都文教大賞、松井賞(個人賞)

『自分のメディアを持つということ』下村透
不苦労賞(ふくろうの会)、上増賞(個人賞)、京都文教大賞

『マンホール』松井喩姫
路上の夢で笑(ふくろうの会)、ファレ*ティプア賞、京都文教大賞

『橋本改革とは何だったのか』佐藤貴志
笑劇でShow(ふくろうの会賞)、京都文教大賞

『ゆうきからのお知らせとお願い』新設Cチーム企画
笑門來復賞、ふくろうの甲斐性で賞(ふくろうの会賞)、京都文教大賞

『じょうほう』下之坊修子
ふぇみん賞、京都文教大賞

『東日本大震災被災地インタビュー』
京都文教大賞

『HOWプログレッシブなフリーペーパを創り続ける』
水井久貴
不苦労賞(ふくろうの会賞)、路地と人賞


大賞受賞者



クラブ賞受賞者 モンゴルの帽子をかぶって




グリーンマン登場





 


「日本発の自転車発電で上映会だ」と自転車発電をやってくれた上町電力さんが言ってた。自転車4台でこぐという予定だったが2台でうまく発電でき、「なんだか拍子抜けした。もっとたいへんなことになると思った」と言うほど
うまくいった。参加者も暑さにまけず、心臓ぱくぱくといいながら自転車こいで
いた。











またもや無謀な企画やったが、いろいろな人が集まり、力だしてくれたので
実現した。ありがとうございました。

それに淀川で釣った「うなぎ」まででてきた。その場でかば焼きに・・・





実は私もこんな素敵な賞品をもらった。


左がふぇみんからもらった戦争ほうきとナイロンたわし。
右が京都文教大学からもらった茶香炉。さっそくお香をたいてみた。
さわやかな朝の香り。




今後はいろいろなところで「ゲリラ上映」が可能になった。いつでもどこでも
上映できるよ〜。みなさんまた活用してくださいね。






at 2012.07.23 Monday, 16:04, てれれ, 上映報告