calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

2012年『情報特集』感想

 

今回『情報特集』でした。原発、コリアタウン、ZINE、マンホール、
橋下、ジェンダー、などいろいろな内容でした。
上映会場からのてれれ上映全体につての感想です。


・ 今回はさすがに中身が濃いです。
・今回は個人の思いが、おもてに出た作品が多くて“てれれ”らしいなと
 おもいました。
・どれも自分の関心の周辺というか、よく知らなかったことばかりで
 面白かった。
・ 今回は全体的にマジメなものが集まってた.
・ 特に今回は、今の情勢にあった“原発”や“橋下関係”は心に残った。
・ ごく短い時間で、伝える事の難しさと重要さが良く分かりました。
・撮る人と撮られる人の関係が見えてきて面白かった。わかりやすい
 内容、話しの上手さ、等々映像で何かを伝えるとはどういうことか
 あらためて考えさせてくれる、素晴らしい作品だったと思います。
・とても良い上映会でした空間がまたよいです!!会話を楽しみました。
 メディア作品の見方がまた変わった気がします。
・武蔵大学の映像を数本まとめて見たいと思いました。
・無意義に面白いのが少しほしい。
・私でも作れそうな気がしてきた。
・情報発信ということを納得しました。
・初めてみたけれど、すごく面白いですね。
・てれれはもっと、とんがって欲しい。今回は面白さを感じなかった。
・情報というわりに新しい情報は少ない気がしました。
 唯一コリアンタウンに黒人、ラティーノが多いという話ぐらい・・・。
 ・発信していくことで、様々なつながりも生まれ、ほっこり感がええ
 ですねえ。
・受身でいながら、硬軟合わせたテーマに自然と触れる機会が新鮮で
 した。

at 2012.07.10 Tuesday, 17:20, てれれ, 上映報告・感想