calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

てれれ9&10月号作品感想

 

上映作品の感想です
各地の上映会場でアンケートに感想を書いてもらいました。その
抜粋です。会場ではいろいろ話が飛び交い盛り上がります。


『母へ 〜20年目を迎えた今〜』

・内容が、学校・企業の回答のようで不満が残った、あるいはこれも

 現代の一側面か?

・母の気持がとても参考になった。(娘がいるので)

・ジーンと来た。ちょっと芝居つぽっかったけど。(笑)

・「母へ〜」の違和感は、あまりにも道徳的だからかな?

 とまどいや言葉を選ぶ、そんな時間を表現してほしかった

 

 『アパレル・サンキュウ(産休)』

・その後の産休育休手当てがちゃんともらえたのか気になる

・話の内容が面白かった、インタビューでも十分楽しめた。

・まさにその通り!という産休の話。これからとる人にはみて

 ほしいかも。

・同じ女性として共感出来るものがありました。

 

 

『東日本大震災 私たちにできること』

・「私たちにできること」をいつも忘れない為に、これからも

 続けてほしいレポートだと思いました。

・ボランティアの仕組みが良くわかった。

・各地でもボランティア活動をうまく組織してがんばってるの

 が頼もしい。

 

 

611脱原発100万人アクション大阪デモ』

・釜の日雇い労働者として40年間生きてきて被爆労働者が原発を

 動かしている実態で怒り。

・次回のデモには、ぜひ参加したいと思いました。

・インタビューがあればもっと良くなったと思う

・自分は行ってないので雰囲気がわかって良かった。

 

 

『夏合宿作品集』デジタルストリーテリング

 

・全てよかった、その人の視点がすごく出てて、

 どの作品も個性を感じました。

・高根島の合宿?の映像が自由な感じでおもしろかったです。

・夏合宿は少ない題材で同じ条件で個々に違う切り口のナレー

 ションが面白かったです。

  写真をとるときの視点が、なんとも味わい深くたのしませ

 ていただきました。動画ではなく、静止画の映像の方が受け

 手の想像力がすごくふくらむなあ、ナレーションが結構ポイ

 ントになるなあ、と感じました。


at 2011.11.10 Thursday, 17:31, てれれ, 上映報告・感想