calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

滝畑てれれ上映会の報告

 

DSC_0493.JPG

 

 

挨拶.jpg

 

 

6月17日の上映会は、前日プロジェクターの電源がはいらないというアクシデントにあせりましたが、無事終わりました。

たくさん方達に参加していただき、感想や意見も飛び交いとても充実した一日をすごせました。ありがとうございました。

 

 

皆さんをでむかえたカキツバタ

 

DSC_0492.JPG

 

 

最初は

福島県教職員組合『双葉支部の心』湯本雅典さん

 

DSC06690.JPG

 

<感想>

「自分が建てた家に住めないのは絶対嫌やなと思った」
「空き地がないから除染できないので後回しなんてたまんない」
「道路がかんびしているのに人が戻ってこれないというのが一番大変」
「動物とか家を横行しているのに政府は家の戻れというがそんな所に戻れますか?」
「関わっている人がこの映像を見て欲しいと思った。
「人が居ないが人の晴れないモヤモヤが風景見てどこも漂っていると思った。
「先生が子どもたちに今日も一日日常を過ごせたことを褒めてあげるという、あの言葉が心に残った」

「せめてもの救いやね」

「一日何事もなく日常を暮らすということがどんなに大変かとうことをわかっている人たちだからこそ言えるのだなと思った」
「私たちにできることは忘れないということですね」
「大変な中でも力強く生きている人の映像が見れて良かった」
「子どもは大変やと常々思って居たが、先生も悩みが多くいろんな思いをしているということが聞けて良かった」
 

 

 

『 カフェ放送てれれ作品』

 

てれれ.jpg

 

作者の堀さん
「こう見せようというようなテレビなどと違いてれれはあまり考えずに作ったのが良かった」

作者の黒瀬さん

8ミリフィルムで上映していたてれれのような活動は昔はたくさんあった。デジタルが発達して来て作りやすくなったという時代の変遷を感じた。

 

DSC06683.JPG



作者の川上さん
圧倒的に宗教ラジオが多く、保守的な地域での市民のラジオ局の開局の話だ。その背景には支援する団体があったということも一つ。自分たちの声を繋げる局を全米に作っていこうとう運動をしていた。

 

作者の道のさん

富田林が活動拠点、近くなったのでこれからもよろしくと。午後からスバルファイブのイベントありと退出

 

DSC06680.JPG
 

<感想>

色々な手法の映像があった。アニメだとか写真に声をつけたものとか手作り丸出しの取り方とか色々勉強になった。
テープの時代からデジタルになってやり易くなったかとか上映の仕方も色々ありだとか話しが出た 

 

 

「地球市民として地域の課題に寄り添う〜ワスパンでの
コミュニケーション支援から植林事業へ
:NPO法人おおた市民活動推進機構の取り組み」
池田さん

 

池田説明2.jpg

 

池田さん

ニカラグアの先住民族の所で映像制作。2013年からミスキートという先住民のグループの女性たちが抱えている課題を伝える方法として映像を使う取り組みに参加。水の問題の映像を見る。デジタルストリーテリングという方法で作った作品とビデオカメラで撮影した作品。燃料、家、ハリケーンで流された結果、森林の3分の1が無くなっている。

 

(映像で現地の様子や映像制作のワークショップの様子などを見せてもらいとてもわかりやすかった。

ワークショップに続いて植林の支援にも関わっている。活動が広がって行くのがすごいなと思った)

 

 

 

『ふりぃだむのシンデレラ』下之坊修子

 

DSC06677.JPG

 

今回初上映。編集していて劇団員一人一人がとても素敵で感情が豊、表現の面白さがどんどん伝わってきた。うらやましいほどの素直な関係性。忘れかけていたものを思い出させてもらった。みなさん熱心に見てくださり感謝。また「地方の時代映像祭」に応募してみてはと声をかけていただいたので嬉しかった。ぜひ応募してみようと思う。

 

<感想>

「怒り、苦しみ、比べる、とうことが最近いっぱいあった。がこの映画が全然違うな、素晴らしいと思った」

「劇団員の楽しさが伝わって来た」

「教える人の向き合い方が上手」

 

 

『アトピー残花』岡田和真 

 

DSC06715.JPG

 

岡田

一番伝えたかったこと。自分がアトピーになって痒いだけじゃないと伝えたかった。ステロイド良し悪しではなく、今一生懸命生きていると伝えたかった。講座の中で作った作品。作る過程での苦労。出演の説得など、タイトルの意味。いろんなものをアトピーで奪われたもの中で何が残ったかを表現したかったので残花とつけた。知られたくない。外に出られない。

 

<感想>

「母娘の関係とかアトピーと出かけられることが嬉しなどいろいろなことが伝わってくる映像だった」

「知らない人が多いのでいっぱい上映できたら良い」

「最後感謝で締めくくっているのが良かった」

 

岡田

最初はアトピーってこんなんだよということを伝えようと思っていたが取材して最後に主人公のお母さんに対する感謝とか遊びに行きたいということをラストに持って来た 
 

 

『私の世界』更江亜矢子 

 

DSC06732.JPG

 

更江

講座の課題が狭山市の博物館。それに追加撮影して再編集した。

 

<感想>コンクリの打ちっ放しや水の映像から冷たいものから木の色が出て来て・・・

更江

水って生きているんだと強く感じた。表情がある。と感じた時点でぬくもりを感じた。博物館の中に入ると光が入っていて無機質なものから有機質の物が見えて来て、何回も行くとわかってくるものかなと。

 

<感想>

「芸術的な作品、水、光、音楽良かった」

「ラスト狭山池に捧ぐというのも良かった」

「音楽との組み合わせが良かった」 
 

 

きらっとさやま』井上けい

 

DSC06789.JPG

 

上映会があるので何か作ってみなさいということで作ってみた。引きこもりの応援をしていたアサダさんを知っていてグループが活動の拠点を作るとうことで撮り始めた。

 

<感想>

「いいキャラや!私はこれを伝えたいという力も入ってなく笑える作品」
「主人公との掛け合いが良かった」

「こんな斬新なナレーターは初めてみました」

「新鮮ですっごい良かった」

「構図、光の捉え方が良かった」

 

 

 


at 2017.06.18 Sunday, 23:45, てれれ, 滝畑プロジェクト

畑とピザ釜づくりの日

 

 

6月25日(日)畑とピザ釜作り
10:00から16:00ごろまで

 

 

棉の苗が二葉に成長。月末にはもう少し大きくなったいるかな。

 

DSC06656.JPG

 

 

それを上の畑に植え替えたいのと大豆の種を蒔きたいと思ってます。上の畑は少しずつ草をかっています。25日にはもう少し畑らしくしておきますね。

 

 

DSC06651.JPG

 

ピザ釜は土台ができたのでマキを乗せるプレートとピザを乗せるプレート作り。耐火セメントを注文しました。後は耐火レンガを積んで行く。後2回ぐらいかかるかな。

 

DSC06657.JPG

 


横のカキツバタの蕾にトンボが・・・

畑のドクダミも収穫しました。

 

DSC06658.JPG

 

DSC06663.JPG

 

 

みなさんお待ちしています。


at 2017.06.09 Friday, 15:35, てれれ, 滝畑プロジェクト

ひまゆの会

 

 

ひとまちゆめの会地域発見部会の活動に参加。

 

会でジャガイモを植えてその収穫後みんなでジャガイモ料理を作って食べるというイベント。

 

DSC06640.JPG

 

DSC06644.JPG

 

みんなでコロッケとサラダと肉じゃがとスープ。

 

DSC06646.JPG

 

DSC06649.JPG

 

 

 

できたらゲストさんたちと一緒にみんなで食べる。

 

DSC06650.JPG

 

採りたてのジャガイモはすこぶる美味しい。みなさん大満足でした。


at 2017.06.09 Friday, 15:18, てれれ, 滝畑プロジェクト

発電所跡見学

 

 

6月6日、かわちながの観光ボランティア倶楽部の人たちに誘ってもらって、滝尻近くの発電所跡を見学。

 

DSC06590.JPG

 

DSC06602.JPG

 

DSC06611.JPG

 

 

DSC06620.JPG

 

 

「奥の発電所は御光谷の川と蔵王峠からきた川と千石谷の川の水と一つにして発電所に落とした。一旦そこで発電した水は

今度は東の村の発電所で電気を起こしてその水をまた向こうに流して、今ダムになっている底で堰堤をこしらえて、そこから水を送って電気を起こした」タニさんのお話より

 

このような発電所跡が滝畑には3箇所あるそうです。

 

 

 

DSC06621.JPG

 

DSC06628.JPG

 

 

 

 

初めての見学でしたが、すごい所が残っているのですね。

 

帰りは川を下って行ったけどなかなか道に出られず、山に向かう。

しかし、行けども行けども上に出ず、どうなるかと思ったがやっとサイクルスポーツセンターの前に出た。

 

 

あんなにすごい山に登ったと思ったのに・・・ということはやはり滝尻付近は谷底なんや!

と認識。足腰ガタガタでしたが、でもとても良い体験しました。

 

水力発電が使われていたこと、水が豊富な村だということ。しかも景色がとても良い。

充実した一日でした。

 

 


at 2017.06.09 Friday, 15:01, てれれ, 滝畑プロジェクト

てれれ滝畑上映会 6月17日(土)10時から

 

 

滝畑は新緑でとても気持ちのよい日々です。畑のトマトが小さな実をつけ始めました。カキツバタ今年も咲いてくれそう。待ち遠しいなあ。

 

DSC06550.JPG

 

 

 

DSC06552.JPG

 

DSC06551.JPG

 

 

 

さて、いよいよ「てれれ滝畑上映会」が2週間後に迫ってきました。

 

朗報です!

 

プログラム2のカフェ放送てれれの作者、『蝉の孵化について』の堀理雄さん(東京から)、『大衆テレビ』の神吉良輔さん(予定)、上田素子さん、松井喩姫さん。大谷さんからは当日イベントがあり参加できないが今の思いをメールでいただいています。『Chorus』の黒瀬政男さん『超新星スバルファイブ』のミチノシゲノブさん 『みんなで作ったラジオ局』の川上隆史さんが当日参加くださいます。久しぶりに作者を交えてのカフェ放送てれれ上映会になります。上映後楽しくトークしたいです。続けてお昼になるので食事しながらいろいろ話しができたらいいですね。

 

またプログラム1の湯本さんから共謀罪が山場で参加無理そうというお手紙と共に各種チラシを送っていただきました。

 

その他のプログラムはhttp://terere.jugem.jp/?eid=701 

 

 

DSC06564.JPG

 

 

 

 


at 2017.06.03 Saturday, 15:22, てれれ, 滝畑プロジェクト

自然薯撮影

 

 

5月29日岡山に行き自然薯の撮影をしました。

 

DSC06545.JPG

 

今回は肥料をやることと、少し伸びてきたツルのために支柱を立て網をかぶせました。

 

シーケンス 5.jpg

 

シーケンス 4.jpg

 

シーケンス 1.jpg

 

DSC06547.JPG

 

昼間は33度ほどあり、かなり暑かった。顔が焼けてヒリヒリする。

そんな中でも皆さんどんどん仕事している。年齢も60代から70代の人がほとんど。でも元気だ。

 

農家の人たちと役所の人たちとコンサルタントさんたちと知恵を出し合って今後の農業を真剣に考えている。

後継者を育てるにはいくつものハードルがあるだろう。私たちは誰でもできるように、自然薯栽培マニュアルづくりの映像制作に関わらせてもらっている。とても面白い仕事だ。

 

DSC06540.JPG

 


at 2017.05.31 Wednesday, 09:18, てれれ, 滝畑プロジェクト

「カメラとパソコン」支援してもらう

 

 

 

2月河内長野市の団体あごら主催の会で、自作ドキュメンタリー『ここにおるんじゃけぇ』の上映会があり、若い人たちが映像作りたいという話しを聞いた。

 

場と機材と私が知っていることを提供できないか、と始まった映像制作グループ。なんとか仕事に繋げることができたらと考えていた時、映像制作の勉強をしながら仕事に繋げていきたい、という趣旨に賛同してくれた農アドバイザーさんが仕事を提案してくれている(2年ほど前から滝畑の畑の指導をしてくれていた)

 

DSC06086.JPG

 

 

もうかれこれ10数年前、カフェ放送てれれが始まった時、「カメラとパソコンあったら映像作りたい人がどんどん発信できるのになあ」とつぶやいたら「買ったらええやん、飛んで火にいる夏の虫や」と機材費を出してくれた。

 

その人にまた「カメラとパソコンあったら・・・」とつぶやいてしまった。

 

 

 

10年前に支援していただいたカメラとパソコンはそろそろ修理が必要になってきていた。私一人ならどうにかなるだろうと思っていたが、若い人たちがやろうとしているのでなんとか繋げたいとお願いしてみた。

 

「若い人の支援はだいじやから」と即支援を引き受けてくれた。

 

DSC06408.JPG

 

DSC06533.JPG

 

 

 

カメラとパソコンはだいじに使い、映像制作を持続させていきたい。

 

 

感謝!

 

 

※ ただいま自然薯の栽培マニュアルづくりと奈良当帰の広報映像づくりを初めている。これからもどんどん広げていきたい。

 

DSC06279.JPG

 

DSC_0499.JPG


at 2017.05.28 Sunday, 11:44, てれれ, 滝畑プロジェクト

畑とピザ窯と池づくり

 

 

5月20日(土)

真夏のような炎天下で池づくりとピザ釜づくりが始まる

 

小学生さんも手伝ってくれて、先日頂いた竹をカキツバタの池の周りに囲っていく。

 

DSC06452.JPG

 

DSC06451.JPG

 

 

どんどん風情がでてくる。

 

お昼はいつもの縁側ごはん、今日はそうめんが講評だった。

 

DSC06433.JPG

 

 

ピザ釜はまずブロックを積んで土台を作る

 

DSC06439.JPG

 

DSC06442.JPG

 

DSC06448.JPG

 

本を見ながら一番シンプルな窯をと思っていたが。

参加者さん、昔の仕事のノーハウを活かして土台を作ってくれた。

かなり立派なものができたよ〜。

 

 

私は最近大根の種のさやにハマっている

これって後は種になるまでほっておくしかないと思っていたら

食べたら美味しいと農アドバイザーさんに教えてもらい、ぽきっと

折ってその場でパリパリ、うん、なんだこの味!ほんのり大根の

香りと味!すっかりハマり毎日サラダにして食べている。

 

DSC06427.JPG

 

DSC06453.JPG

 

持って来てくれたぶどうを上の畑に植え、

 

DSC06464.JPG

 

農アドバイザーさんにいただいたナスにオクラにトマトにトウモロコシに、昨年実った種を蒔いて芽が出たキュウリに三度豆にカボチャと畑もかなり充実してきた!

 

 

DSC06461.JPG

 

DSC06458.JPG

 

DSC06459.JPG


at 2017.05.20 Saturday, 17:34, てれれ, 滝畑プロジェクト

滝畑てれれ上映会

 

 

6月17日(土)10:00〜19:00まで

 

(ゲストトークや皆で話し合いや休憩など入れながら)

 滝畑ダム行きバスの始発から終バスまで) 

 

参加費:1000円(+ドネーション・カンパ歓迎)

 

場所:滝畑てれれ

   (南海・滝畑行きバス 滝尻下車徒歩4分)

 

今回はニカラグアの女性達制作ドキュメンタリー(その制作支援している池田さんが来てくれます)、福島県双葉町の映像、知的障害者の劇、久しぶりにカフェ放送てれれの作品、今映像の勉強を始めた若者達の映像作品など一日かけけて上映。上映後にはゆっくりお話しましょう。

 

 

 

1000   

 福島県教職員組合『双葉支部の心』湯本雅典さん 40分

 

 福島第一原発のある双葉郡の学校。教職員は震災後ばらばらに。教職員全員への職場訪問を行っている。自分たちに「二つのふるさと」ができたことを考える時間を、子どもたちに残すべきではないか。その「双葉支部の心」が描かれている。

 

DSC06410.JPG

 

1130  

 カフェ放送てれれ作品上映

<上映作品>

  • 『パリのテレボカル代表からのメッセージ』 (20031月号/1分)
  • 『蝉の孵化について』 堀理雄 (20067&8月号/7分)
  • 『大衆テレビ』 UZU film 2010年/テレビ特集)
  • Chorus』 黒瀬政男 (20121&2月号/1分30秒)
  • 『超新星スバルファイブ』 獣人ゴアの襲撃 ミチノシゲノブ (20113&4月号/630秒)
  • 『ベトナム「原発予定地を訪ねて」』 加堂妙子 (20129&10月号 /7分)
  • EYE SEE』 上球音 (20038月号/4分)
  • 『みんなで作ったラジオ局米南部にできたもう一つのメディア―』 川上隆史 (20061&2月号/730秒)

 

1230

 食事(各自持参ください。食事しながら交流しましょう。)

1330 
「地球市民として地域の課題に寄り添う〜ワスパンでの
コミュニケーション支援から植林事業へ
:NPO法人おおた市民活動推進機構の取り組み」
池田佳代(おおた市民活動推進機構理事)上映&トーク

ニカラグア先住民族ミスキートの人々は長い間、森林とココ川の恵みを得て暮らして
きた。この50年間で森は3分の1に消失し水問題が深刻化。そんな中で始まった女性
たちの家庭菜園活動、生活用水問題について短いビデオを街の若者らが初めて制作。

 

スクリーンショット 2014-05-11 17.11.28.png

 

スクリーンショット :水の重要性〜ワスパンの水問題、劇中より.png

 

10_WANKI TAGNI.jpg

 

<作品>

Seguridad alimentaria 食糧の安全保障」5:16Importancia del agua水の重要性〜ワスパンの水問題」7:23

 

 

2011年にワスパンを訪れ、地域課題に取り組む有志としてコミュニティー(共同体)から任命された女性たち(コミュニカドレス・ソシアレス)にデジタル・ストリーテリングを紹介。

 

<デジタル・ストーリーテリング作品>
「私たちの森を守りましょう(2:28)/リアウブラとリアンにへの入植者の侵略(4:53)/水は命、大切にしましょう(2:56)/ココ川保護の重要性(1:32)/自然と調和して〜ワスパンにおける森林の伐採(1:49

トーク
物語ることの意義と可能性〜持続可能なコミュニティ
に向けて

人や社会に何かを伝えてインパクトを与える方法にはスライド発表や演説があるが、第3の方法として、人に共感や内省を促す物語として描かれた短編ビデオを上げることができる。ワスパンの女性組織と共同で今年開始した、コミュニティの暮らしを持続させるための、植林と映像による啓発を両輪とした森林保全事業について紹介する。(地球環境基金助成金平成29年度採択事業

 

1530  

 

『ふりぃだむのシンデレラ』下之坊修子 50分 上映&トーク

 

 滋賀県で活動する知的障害者たちの劇の練習から本番までをドキュメント。近江学園から信楽青年寮を開設した池田太郎と共に演劇活動に取り組んだ副島忠義により台本、演出がなされたシンデレラ。本人たちの持てる力を発揮できるように練習が進められる。

 

 

大野他.jpg

 

1730      

てれれ映像チーム 上映&トーク

 

『アトピー残花』岡田和真 11分

誰でも一度は聞いたことがある病気「アトピー」。大阪府在住の山崎さん(34歳)は、生まれつきのアトピー患者。彼女の日常とその思いに迫る。そして、アトピーでたくさんのものを失った彼女に残ったものとは(岡田)

 

 

 

 

『私の世界』更江亜矢子 4分

狭山市博物館で見つけた・・・(更江) 

 

 

 

きらっとさやま井上けい 

初めて撮って編集したショートムービー見てくださいね(井上)

 

あさだ@.jpg

 

1900 終了

 

 

※ 湯本さん

「ヒューマンドキュメンタリー映画祭・阿倍野」でグランプリ作品として「学校を辞めます 51才の僕の選択」(16分)(カフェ放送てれれでも上映)を再映6月27日に来阪。

映画|ヒューマンドキュメンタリー映画祭《阿倍野》2017|http://hdff.jp/


主催

映像発信てれれ eizoinfo@terere.jp

 


at 2017.05.17 Wednesday, 10:30, てれれ, 滝畑プロジェクト

明日の畑の日

 

 

雨のようなので明日の畑の日は20日(土)に延期させてもらいます。

よろしくです。

 


at 2017.05.12 Friday, 20:22, てれれ, 滝畑プロジェクト

| 1/18PAGES | >>