calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

archives

2019.5月滝畑てれれ上映会

 

 

2019.5てれれ上映会.jpg

 

2019年5月11日土曜日 12:00〜15:00

滝畑てれれ

参加費 1000円 またはカンパよろしくお願いします。

 

昼ご飯食べながら、ほっこり作品を見て上映後みんなでおしゃべり会

こちらで羽釜で炊いたご飯や味噌汁など用意します。

参加者は一品持ちよりでよろしくです。

 

ボツボツ作品が集まってますよ〜

今回はなんと地域にフォーカス。
いや〜、田舎は(あえて言う)面白い!!!

保守的だと思われてきた地で女舞を考案する度量の深さ。1コ100円もするたまご(コロッケ100円と比べたらどや!)を生産する人。醤油蔵(今はイベントやライブなど開催)で手作り醤油のワークショップをする若いひとたち。そんなこだわりが、持続する自然へ、豊かな生活へ、みんなで映像を見て話しませんか。

 

 

<上映作品>
1.『日野の豊かな歴史と獅子の舞う郷のいとなみ』26分 
  井上啓 岡田和真 下之坊修子
小学生から20代までの人たちが先輩たちから獅子舞を受け継ぐ。めずらしい女舞も考案する風土。なんと今回3台のカメラで収録。伝統あるお月見の様子や観音講の女性たちの声は村々のお地蔵さんとともに心にしみる。

 

 

IMG_0849.jpg

 

 

シーケンス 5.jpg

 

 

2.jpg

 

 

 

 

2.『醤油づくり』5分 井上啓
手作り醤油のワークショップを上堂醤油蔵で下河内糀屋の志賀さんに指導してもらう。その様子を収録。

 

 

 

 

 

3.「1コ100円のたまご」3分 下之坊修子
以前から聞いていたがなかなか機会がなかった。たまたま、そして突然ファームを訪問。田中さんからの説明になるほどなるほど。こりゃ100円でも安いや。と思ってしまう。

 

 

 

4.『にぎわいプラザ』2分
  池田由里子、中川やす代、播磨清、松浦麻里子、松原広樹
てれれビデオ講座生が初めて作った作品です。商店街のにぎわいを取り戻そうと「にぎわいプラザ」が動き出した。そんな活動のCMを作ってみようとトライ。

 

 

 

 


at 2019.04.22 Monday, 16:11, てれれ, 滝畑プロジェクト

畑の日 * 種の交換会 *

 

 

IMG_2137.JPG

 

 

ずいぶん暖かくなってきました。ぼちぼち種をまく準備をしなくちゃ。前回の畑の日に、次は種の交換会をしようということに。
家庭菜園とかプランターで野菜作りするぐらいしかありませんが、ヘチマ、マクワウリ、和綿、ささげ、ニラ、冬瓜、カボチャなどあります。

種の無い人も参加OKですよ〜。

和綿やヘチマなどたくさん収穫した種もあるのでおわけします。ぜひチャレンジしてください。
 

 

4月2日(火)10:30から13:30

参加費:ドネーション(or 物物交換)
 

30分ほど映像を見て、種についていろいろお話しもできたらいいですね。

午前中のみ参加も可能です。
ゆっくりされる方は一品持ち寄りでお昼しましょう。ご飯、漬け物、用意しておきす。


参加お待ちしています 
申込 問合せ:映像発信てれれ 0721-69-6915 

 

 

 

 

 


 


at 2019.03.07 Thursday, 20:28, てれれ, 滝畑プロジェクト

ビデオ講座

 

53121533_401209473977628_4262200732800778240_n.jpg

 

【日時】
撮影編:2019年4月16日(火)13:30-16:30
編集編:2019年4月23日(火)13:30-16:30

【場所】
にぎわいプラ座
〒586-0015 大阪府河内長野市本町11−8
(近鉄・南海 河内長野駅から徒歩5分)
※専用駐車場はありません。近くの有料駐車場にお願い致します。

【参加費】
講座 各1500円

【講師紹介】
●下之坊 修子

『ここにおるんじゃけぇ』山形国際ドキュメンタリー映画祭、愛知国際女性映画祭参加
2016年〜河内長野市滝畑に移住し映像の学習会や上映会を開催。

●岡田 和真
1992年生。同志社大学でジャーナリズムを専攻。卒業後、東京にある独立メディア「Our Planet-TV」にて映像制作を学ぶ。
2017年より「映像発信てれれ」に所属。


【申し込み方法】
・映像発信てれれ
TEL: 0721-69-6915
Mail: eizoinfo@terere.jp

,名前∀⇒軅茘ビデオカメラの有無(撮影編のみ)をお願い致します。
 


at 2019.03.07 Thursday, 20:07, てれれ, 滝畑プロジェクト

第4回滝畑てれれ上映会

 

 

2月26日 にぎわいプラ座で上映

 

作品は主催者がわの2作品と以前上映したてれれの作品1本と

持込み作品2本上映。

 

すごいなあ、4回目で参加者が制作したり持ち込んだり・・・

 

希望があり、4月ごろ映像の講座も検討してます。

撮影の基本とか編集とはどんなものかなど、入門編の予定です。

興味ある人はぜひ参加くださ〜い。

決まり次第告知しますね。

 

IMG_2105.JPG

 

上映後トーク

だんだん時間が足りないくらいになりました。

 

IMG_2113.JPG

 

 


at 2019.03.01 Friday, 18:53, てれれ, 滝畑プロジェクト

第5回エンディング講座

 

2019年1月13日

 

いのち

ー生と死、自然と人々の営みが交叉するー

の「場」はどこに?

 

というタイトルで講師、水野博達に来て頂き開催

介護保険は当事者の要求からできたわけではない。

ゆえにいろいろな問題が出ている。高齢者が生きていく権利

を守るためには声をだしていくしかない。

 

 

シーケンス 4.jpg

 

 

介護保険は女性の運動からできたというのが大きかったが、介護を求める人たちが作ったものではなかった。「介護地獄」はいやだというのが介護保険を作ったエネルギーになった。それは当事者の要求ではない。高齢者が生きて行く権利をきちっとみなおさないとだめ。

 

生まれた時も死に行く時も病気の時も人間は依存しないといけない。

 

人間は必ず死ぬ。介護保険は中産階級の人をモデルにしているし、近代的な医療の考え方(死は敗北)が入っているので、死ということを前程にした保険制度ではない。

 

 

我々の力では勝てない問題に対して人間的な連帯をどう作っていくかということを考えないといつまでも元気で、元気であることが絶対正しいとなると障害を持った子どもは正しくないということになる。

 

依存という考え方は非常に大切で、依存できる関係を社会の中に作りこまないといけない。

 

 

自立とは個人の尊厳をベースにして物を言い考え議論してみんなと社会をつくっていくという考え。ピンピンころりが自立だと思われているが違う。病気になってもその人の意志に基づいて社会生活を支えることが自立であって、自分でやることが自立ではない。

 

意見を表明する文化が日本にはない中で自立という概念が先行している。

要介護3以上の人は国が介護し、それ以外の人は誰もがなることなので地方自治が税金でやるべき、そして地域でお互いの助け合いを使ってやっていくことが必要。地域の基本的な力を取り戻して介護や育児などの問題を解決していく必要がある。

 

 

 

近代は人間中心の社会になった。自然改造も平気でやる。死という問題に対しても整理がつかなくなってきた。

 

滝畑に来てみたくなった理由の一つ、人間が自然の中で生きているということ。下之坊のFBに神社やお寺がでてくる。高度成長以前の田舎では神社やお寺で人々は自分たちの魂をそこに託していた。何かあったらそこに帰ってこられるという、そういうのが地域社会の中にあった。人間が一番えらいわけじゃなく、自然と共に生きていくんだということを確認できる場がないと原発がさいたるもんで、自然をぶっ壊して地球そのもの、生命体が維持出来ないことが起こってくる。

 

 

高齢者の存在が社会をよくする。高齢者がつちかってきた知恵、力を次の世代につなぐことの意義が大きい。

親たちが死にそうになってやっと戦争の体験を語りだした。高齢になって懺悔の気持ちから自分たちが生きて来たことの反省点を話す。例えベッドの中からでも当事者の声を伝えて行く必要があるのではないか。

 

 

 シーケンス 7.jpg

 

水野さんのお話を聞いて一休み、みんなでぜんざいを食べました。

 

シーケンス 2.jpg

 

そして参加者の一人がハーモニカの演奏をしてくださいました。

シーケンス 3.jpg

 

その後、質問、感想、意見交換が活発にされ、もっと時間がほしいと思いました。

 

 

介護制度がどのようにして作られて来たか、その問題は何か、解決策はなどいろいろお話していただいた。

 

自然と共の生活の中でお互いに依存しあいながら地域の力をつけ自立した社会を作っていくための大きな指針をいただいたような気がします。

 

これからもエンディング講座を続けていきます。


at 2019.01.13 Sunday, 22:55, てれれ, 滝畑プロジェクト

滝畑通信No.4

 

 

2018年を振返って

 

地域の映像づくりに参加

河内長野市在住の方から依頼の映像制作を皮切りにひまゆ会から日野地域の、友人から朗読劇の撮影など映像チームで取り組む。少しずつ地域の映像づくりに関われるようになってきた。昨年は滝畑の秋祭りの撮影もできた。次の世代に生活や文化を繋いでいる様子に触れ、ここには安心できる暮らしがあると感じた。

 

 

 

 

 

 

 

滝畑の暮らし紹介

滝畑の暮らしを各地で紹介する機会も多かった。滝畑てれれのイベントをきっかけに八尾のFMラジオに出演、尼崎や西宮の女性センターでも「めんどくさいことを手放さない暮らし」をテーマに映像をまじえて話しをさせてもらった。

 

  

 

 

 

 

自作ドキュメンタリーの上映会

強制不妊手術をされた女性のドキュメンタリー『ここにおるんじゃけぇ』を各地で上映。「身体障害がある人と周りの人の集まりin小金井」東京のドキュメンタリー映画祭、シニア映画祭、西宮女性センター、富田林高校、河内長野市にぎわいプラザ・・・。

 

42045502_324764781631359_4224063463321763840_o.jpg   

 

 

DSC08200.JPG  36028985_10213857962301265_846728097754513408_n.jpg

 

もう一つの自作ドキュメンタリー『ふりぃだむのシンデレラ』もきらっとぴあ、まちライブラリーで上映

 

   IMG_0405.JPG

 

平野の松村フィルムの展開

平野の松村さんの映像を預かったのをきっかけに出来た「次世代に映像文化を伝える会」も動きが。富田林の寺内町、シネマ+でフィルム上映とワークショップ、またクラウドファンディング報告と上映会を平野の全興寺で。

 

IMG_1464.JPG   IMG_1498.JPG

 

映像チームの活動

また農福連携の映像づくりに取り組むので映像の勉強会も。もっと多くの人に見てもらおうと公開上映と作品募集も始めた。

1月29日にぎわいプラザで上映会

 

46742265_10214932442802606_7240310259615531008_o.jpg

 

 

昨年の2大イベント

一つ目は阿部ひろ江ドキュメンタリー映画(ゆらりゆらゆら)上映&ライブ。もう一つはエンディング講座の続きで映画『四万十〜いのちの仕舞〜』&千早赤阪村のグループホーム代表鶴谷さんのトーク。

 

 

 

滝畑映画表面out.jpg   DSC_0319.JPG

 

次回、第5回エンディング講座は1月13日水野博達さんの講演会(いのち… 生と死、自然と人々の営みが交叉する…の「場」はどこに?)開催 します。

 

 

滝畑てれれの日常

またもやスズメバチが巣作りに、イノシシが池のセリを根こそぎ食べに来、どうもたぬきがツッカケ持っていったような。そうそう台風で2日間停電。野菜や米の備蓄、釜と薪、わき水。心丈夫やった。コンニャク作り、夏カレーを食べる会、観ボラさんの芋煮会。夏野菜の不作でがっかりしたが、瓜、三度まめ、トマトなどは収穫。秋には農アドバイザーさんによる学習会も。

今年の春ごろに種の交換会をすることに!

関学のゼミ合宿やみんたくさん主催で台湾の学生が訪れた。ピザ釜も大活躍。年末は恒例の餅つき、はじめてさつま芋餅も登場。

 

 

 

 

 

DSC08351.JPG  IMG_1231.jpg

IMG_0350.JPGh

 

 

IMG_1509.jpg  

 

 

 

DSC08458.JPG  DSC08166.JPG

 

 

DSC08493.JPG  30727324_10204385233308798_7482915644858433536_n.jpg

 

IMG_1531.jpg

 

 

  

 

 

 

虫や野生の動物たちとの共存。自然の中で暮らしている実感。いろいろな発見。表現の面白さ。人と繋がりながら、住み心地よい地域を続けていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


at 2019.01.07 Monday, 22:18, てれれ, 滝畑プロジェクト

今年も餅つきの季節が

 

 

 

15942574_10209483677906889_593210686_o.jpg

2016年の餅つきの様子

 

 

 

今年も餅つきします!

 

12月29日(土)9:30ごろスタート。

場所:滝畑てれれの家 (0721-69-6915)

参加費:だいたい500円ぐらい(物々交換可、持込み、カンパ歓迎)

千早赤阪村の結の里さんに餅米13kg 注文しました〜。

米の量があるの事前申込みくださいね。

 

 

 

 


at 2018.11.28 Wednesday, 09:51, てれれ, 滝畑プロジェクト

畑の日

 

 

 

IMG_1551.jpg

 

IMG_1568.jpg

 

まずは宿題である自分ちの畑の雑草写真を見ながら

農アドバイザーの鈴木さんより話を聞く

 

複数の種類の雑草が生えて居るのが良い。

 

しかしてれれの畑はあまりにもみすぼらしい雑草が寂しく生えている。

なので今日までに少しは草を引いて綺麗にしておこうと思っていたが

結局何もできずそのまま。

 

 

でもそれで良かった。秋草や冬草はあのいまわしくすくすく育つ夏草

を生えにくくしてくれるそうな。

 

 

その後、パソコンを見ながら土についての話

 

IMG_1553.jpg

 

土の酸性やアルカリ性についての説明もとても参考になった。

 

また土を掘って写真を撮ってくる宿題の説明。

てれれの畑のは根がそこそこ土の中に入っているので

良い環境になっているようだ。

 

DSC08665.JPG

 

鉄錆のような土は水はけの悪い土。田んぼによくある青灰色の土は水はけが悪いので稲作に良いそうだ。

酸性が強い土は牡蠣殻、貝殻、竹墨、灰などは酸性をアルカリにしてくれる。

う〜んこれも良いやってみようと思った。

 

次にこの種実はアスパラガスだ。初めて見た。

IMG_1566.jpg

 

そしてなんとこの巨大にんにく頂いちゃいました。

 

IMG_1564.jpg

 

次回は12月16日(日)10:00から12:00

なんとこの日は日野の「みんなの未来かいたく団」から

玉ねぎの苗をいただくのでみんなで上の畑に植えましょう!

それと種の交換会をします良〜。


at 2018.11.22 Thursday, 22:24, てれれ, 滝畑プロジェクト

シネマ+で平野の松村さん映像を上映

 

 

平野郷の地域映像がシネマ+にて上映された。

富田林寺内町の仲村家蔵で松村長二郎を中心に8ミリ映像などの上映。

サイレント映像の上映、みなさん見入っている。
音が無いぶん映像に集中しているようだ。
子ども達の表情から笑い声が聞こえてきそうな気がした。
やっぱり映写機の音は素敵だ。

次世代に映像文化を伝える会の木下さんから挨拶があり、
上映後はフィルムの話しなど黒瀬さんから説明。
参加者は熱心に聞いてくれた。


at 2018.11.19 Monday, 18:19, てれれ, 滝畑プロジェクト

次回滝畑てれれ畑の日

 

 

 

今年は都市農地活用支援センターの支援を受けて農アドバイザー鈴木さんに来ていただき3回連続講座を行います。

まず第一回は終了。

 

 

11月22日(木)は畑の日10:00〜12:00

場所:滝畑てれれ

参加費:無料

テーマ:土作りと雑草の話

 

野菜に良い雑草なんてあるんや!と言うわけで宿題として自分家の畑の土を掘って写真を撮って来る。それと今生えている雑草の写真も。

 

 

滝畑てれれの畑は今はほとんど枯れ畑。綿とささげの収穫中。さんどは種をとろうと思ってます。

ブロッコリーの苗を買って来てちょっと植えたのと大根やキクナの種を蒔いたところです。

 

IMG_1481.JPG

 

 

てれれの畑の雑草

 

 

 


at 2018.11.17 Saturday, 09:20, てれれ, 滝畑プロジェクト

| 1/24PAGES | >>