calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

categories

archives

てれれ上映、滝畑にて

 

ひょんなことから滝畑でてれれ上映会を再開

今日はそれぞれが作品を持ち寄って、パソコンで鑑賞

 

 

DSC08674.JPG

 

 

 

スズキさん 

さつまいもの上手な掘り方がテーマの作品

 

DSC08675.JPG

 

さすが農アドバイザーさん。わかりやすく伝える映像作りにチャレンジ。

しかし「テンポが早すぎるんじゃないの」という感想など

 

 

 

いのうえさん 

今まで撮りためた映像をテンポよく繋いだ作品

 

46742265_10214932442802606_7240310259615531008_o.jpg

 

「いろいろな人が出ていて面白い」

「演奏しているシーンも何箇所かあり見ていて楽しい」

「でもいのうえさんを知らない人が見たらどうやろ」

なんて意見も。

 

 

 

カズマさん自分の心象風景。

 

46680949_348607172572242_9038934295644733440_n.jpg

夜中の街の映像とテロップが効いている。

「映像が綺麗だ」「あの年代のことを思い出し共感する」

「さすがにうまい」

「でもテロップ無しだとどんな映像になるかなあ」

 

 

しゅうこさん

滝畑の秋祭りの映像

 

DSC08677.JPG

 

村人たちの祭り。夜中の8時スタート。素朴だ。

「一人で撮影するのはどうか」

「確かに付いて歩きながらの撮影は無理がある」

「でも観光的に紹介するより、こんな山奥の村人だけでやる

祭りの良さを伝えたかった」

 

 

結構みんないろいろ感想言い合って良かった。

 

次回は12月18日(火曜)13:30〜14:30

見るだけの参加もありですよ。

今回見るだけやった人「なんか作りたなって来た」

と言ってはった。

これぞてれれや!

見てた人がいつの間にか作る人になっていく。

不思議な何か・・


at 2018.11.23 Friday, 20:57, てれれ, 上映報告

寝屋川たすけあいの会 上映会

 

 

昨日寝屋川市民たすけあいの会の

Affect&Effect  2017に参加。

 

 

たすけあいの会では『カフェ放送てれれ』に参加した人たちから、映像を作りたいという声が上がり、映像あそびのワークショップ、『何とる?ナニみる』(とるみる)というプログラムが始まった。「とるみるチーム」をはじめ他のチームのひとたちと(カフェ放送てれれが現在お休み中ですが)今も日ごろの活動の様子やドラマ、SF作品など、自由奔放な作品作りが続けられています。今回はその2回目の上映会です。

 

 

よくある主催者の挨拶はいっさいなく、若い人たちの司会でどんどん進んで行く。そしてプログラムも多彩。まずインプロパフォーマンスからスタート即興で寸劇や歌が心地よく始まる

 

 

DSC_0455.JPG

 

そして上映作品はも多彩で5チームの作品が上映された。

カレー(ライス)の想いを映像にした作品やラジオ体操など・・・

 

DSC_0456.JPG

 

そして今年はファッションショーも、制作者たちがかれんに変身!

いやはやみなさんかっこいい!

 

DSC_0452.JPG

 

DSC_0453.JPG

 

 

DSC_0458.JPG

 

あっごめんなさい、男性もいたんやけど、女性がなんとも素敵やったもんで

 

滝畑まで帰らんといけないので、すぐ会場を出たけど、帰り道で鼻歌うたってる自分にアラアラ・・・


at 2017.03.26 Sunday, 09:13, てれれ, 上映報告

寝屋川市民たすけあいの会 自主上映会



3月12日 寝屋川市立保健福祉センター で
寝屋川市民たすけあいの会さんの映像作品の上映会がありました。

DSC03205.JPG

以前てれれの定期上映をしてくれていたのですが、見る人がみごとに撮る人に変身!

なんとできた作品が10作品も。
『勝手にCMつくっちゃいました』
『漢字一文字に込められた想い』 『音作り』
『きたない病 お手々洗い病』 『みそ汁』
『ぼちぼちの木』 『みんなの気持ち』
『kawamichi 46』 『SUDACHI HOUSE』
『Hiroko Road』



みなさん奔放に、でも各々の生活の中で感じている想いを表現していて、ものすごく心揺さぶられました。
『お手々洗い病』なんて私もかつてはそうやった。いつもいつも手を洗っていた。(今では真っ黒になっても平気やが)
アート作品や手づくりの音をのせている作品、日常を撮ったもの、ほんといろいろあり。

メイキングも会場で流れていて、たくさんの人が面白く引き込まれて行った様子がよくわかった。

DSC03199.JPG

あと小道具なんかも展示してあったり。

DSC03197.JPG

ゆっくり丁寧にこの上映会を準備されたのが伝わってきた。

上映後、おもわずウルウル
でも気持ちが軽くなって帰ってきました。

 

at 2016.03.18 Friday, 14:03, てれれ, 上映報告

学生版市民メディフェス2015



12月19日20日と京都で龍谷大学の学生中心の
メディフェスが開催された。

DSC02655.JPG

全国からたくさんの方たちが参加。

私も「トークセッション『メディフェス的女子会 and ボーイズ』」
にパネラーとして参加させていただいたが、もっと若い人たちに
登壇してもらったら良かったと反省!

今回は学生の発表などが中心で、上映作品もとても良かった。
始まったころの人たちがだんだん歳を重ねていく中、今回の
ような学生さんたちがすごく元気で内容も深い作品を作り
活動している様子を知ることができ、これからが期待でき
そうです。

at 2015.12.24 Thursday, 12:36, てれれ, 上映報告

平和を願っての上映会


12月19日
「平和のうたをうたおう・未来へ!
〜ピースニャンコおじゃみのこころみ〜

という上映会とイベントがふぇみんの事務所で行われた。

DSC02661.JPG

2年ほど前からてれれの事務所に月一で編集講座に来ていた
ふぇみんのメンバーさんが今回自作の上映会を企画された。

シニア部会の人たちがおじゃみ作りを通して平和を願う活動
をしている。それを撮影したものを30分ほどにまとめたもの。

ふぇみんはずいぶん長く続いている女性団体だ。
90歳を過ぎたかたを始め高齢ではあるが、それぞれの会話が
なかなか面白い。おじゃみを作りながらみんなで井戸端会議。
それがなんとも面白い。はっきり、今の政治について教育に
ついて、意見を言い合う。そんな様子と各地のおじゃみ歌。

それを子どもたちにも繋いで行くという作者の思いも込めら
れている。

上映後自己紹介と沖縄の民謡や踊り、合図の歌と踊りも
一緒にやらせてもらって、楽しいひと時だった。

終わった時、『ここにおるんじゃけぇ』も見てくれていた
人から「今日は来て良かったです」と声をかけてもらった。
とっても嬉しかった。

at 2015.12.24 Thursday, 12:14, てれれ, 上映報告

てれれラスト上映



24日最終日を迎えケーキを用意していたはずなのに、
ちょっと目算がはずれてかなり小さな生チョコケーキ、
ほんとに一口ずつみなんでわけわけ・・
というのも16名も参加してくれました。
最後ににぎやかな上映会になり、ほ〜としました。





さてさてしばらく休みに入りますが、年明け早々友人に誘われ、
秋田の神楽を撮影に。
また熊本のエンディング講座に参加などせわしない幕開けになります。
葛城市の講座はしばらく続きます。なんだかものすごくいい感じです。
そして広島へは次の作品のためちょくちょく行く事になりそうです。
さあさあ、やることはいっぱい。

てれれで得られたあらゆることをフル回転して、今後に活かせて
いけると思います。

いつの日かまたみなさんと面白い試みをしていけたらいいなと思いつつ・・

来年もど うぞよろしくです。 

at 2013.12.29 Sunday, 15:42, てれれ, 上映報告

どるめんで上映

最後のてれれ上映はどるめんからスタート。 最後の上映というので久しぶりにヨシダさんが来てくれた。 元々ヨシダさんが企画したイベントに参加したのがきっかけで 市民メディアに出会ったのでした。 そこで「市民メディアねっと」というグループを立ち上げ 市民メディアについての勉強会や講演会や上映会をしてきました。 また各地の公共施設のビデオ機材の調査までして、市民が使える 映像機器を調べたりもしました。 その後に「カフェ放送てれれ」を始めたのでした。 そのきっかけとなった、今日の「ヨーロッパの市民のメディア アクセス〜オランダ編〜」は久しぶりの上映でしたが、自分で 作ってなんですが、懐かしくもあり、すごいパワーを感じた。 8日(金曜日)は天人(朱夏)で19:00から上映です。 久しぶりの人もどうぞ参加を!!!!

at 2013.11.06 Wednesday, 21:38, てれれ, 上映報告

関西大学でてれれの話を




6月24日、関西大学に客員教授として来ている下村健一さんの授業に
呼んでいただき、てれれのことを話してきました。

「関西の代表的 地域メディア『てれれ』下之坊修子リーダーと語る」
なんてタイトルで。


地域メディアのことを学んでいる学生100人ほどが受講しているすごく
広い教室で、しかも大画面でてれれの作品を上映しながら下村さんの
質門を受け、てれれの誕生から問題点や上映していてのエピソードな
ど話しました。



一時限目の授業のあと下村さんのメディアリテラシーの授業を、私も学
生にまじって受けさせてもらいました。

自身のことをブログで間違って書かれたことやWikipediaでの記事と
実際との比較などとてもわかりやすく説明してくれた。リポートなどでも
事実と感情が入っている部分とを見分けて、見ている者が判断する必
要ある。「まだわからない事に対して結論を即断しないで保留にする」
ということにはものすごく納得。


久しぶりに会った下村さんの授業を受けさせてもらえてラッキーな一日
でした。

at 2013.07.17 Wednesday, 10:05, てれれ, 上映報告

てれれ上映【シネマ館】

 

7月20日(土)19:00から
中崎町にあるシネマ館でてれれ上映。
シネマ館のチラシに載ってます。
このスペースで上映です。


at 2013.07.16 Tuesday, 11:54, てれれ, 上映報告

【上映報告】どるめん

 


今回どるめん上映は久しぶりににぎやかでした。 




2013.7月どるめん



東京からアワプラネットTVで映像制作の講座を受講している人も取材にきて
くれたし。「ご近所シネマのススメ」(仮タイトル)というタイトルで制作
中だそうです。彼女は東京でのてれれの反応と 、大阪での反応が違うのは
なぜかという疑問を持ってました。 

前回のインドの映像で津波のシーンのナレーションに笑いがあった。
なぜこんな悲惨なシーンに。それは音声が機会の音だったから。

でも大阪で私が参加した会場ではそのシーンで笑う人が誰もいなかった。
それは、もしかしたら、大阪の人は「てれれはいろいろあり」に馴れて
きたのではないか。流暢なナレーションもあるが、決していい声とは言え
ない けどその人の声だとか、時たまマイクの調子が悪く、変な音になって
いたり、 でもそれが効果になっていたり・・・

たしかにそのナレーションの音声ことは上映後には話がでたが、その音が
好きな人も居たし、感情がないという話もあったし・・・ 
それにしても機械でナレーションが作れるとは!

なぞの多いてれれ作品たちです。

「面食い」はいろいろな捉え方ができるのは面白い、
帰ってからもいろいろ頭が回ってきて、とんでもない解釈が・・・

次回の上映会は12日(金)の天人。
そこで披露したいとも思ってますが、もっと他の作品のことも話ましょう
ね。






at 2013.07.07 Sunday, 14:44, てれれ, 上映報告

| 1/7PAGES | >>