calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

寝屋川たすけあいの会 上映会

 

 

昨日寝屋川市民たすけあいの会の

Affect&Effect  2017に参加。

 

 

たすけあいの会では『カフェ放送てれれ』に参加した人たちから、映像を作りたいという声が上がり、映像あそびのワークショップ、『何とる?ナニみる』(とるみる)というプログラムが始まった。「とるみるチーム」をはじめ他のチームのひとたちと(カフェ放送てれれが現在お休み中ですが)今も日ごろの活動の様子やドラマ、SF作品など、自由奔放な作品作りが続けられています。今回はその2回目の上映会です。

 

 

よくある主催者の挨拶はいっさいなく、若い人たちの司会でどんどん進んで行く。そしてプログラムも多彩。まずインプロパフォーマンスからスタート即興で寸劇や歌が心地よく始まる

 

 

DSC_0455.JPG

 

そして上映作品はも多彩で5チームの作品が上映された。

カレー(ライス)の想いを映像にした作品やラジオ体操など・・・

 

DSC_0456.JPG

 

そして今年はファッションショーも、制作者たちがかれんに変身!

いやはやみなさんかっこいい!

 

DSC_0452.JPG

 

DSC_0453.JPG

 

 

DSC_0458.JPG

 

あっごめんなさい、男性もいたんやけど、女性がなんとも素敵やったもんで

 

滝畑まで帰らんといけないので、すぐ会場を出たけど、帰り道で鼻歌うたってる自分にアラアラ・・・


at 2017.03.26 Sunday, 09:13, てれれ, 上映報告

寝屋川市民たすけあいの会 自主上映会



3月12日 寝屋川市立保健福祉センター で
寝屋川市民たすけあいの会さんの映像作品の上映会がありました。

DSC03205.JPG

以前てれれの定期上映をしてくれていたのですが、見る人がみごとに撮る人に変身!

なんとできた作品が10作品も。
『勝手にCMつくっちゃいました』
『漢字一文字に込められた想い』 『音作り』
『きたない病 お手々洗い病』 『みそ汁』
『ぼちぼちの木』 『みんなの気持ち』
『kawamichi 46』 『SUDACHI HOUSE』
『Hiroko Road』



みなさん奔放に、でも各々の生活の中で感じている想いを表現していて、ものすごく心揺さぶられました。
『お手々洗い病』なんて私もかつてはそうやった。いつもいつも手を洗っていた。(今では真っ黒になっても平気やが)
アート作品や手づくりの音をのせている作品、日常を撮ったもの、ほんといろいろあり。

メイキングも会場で流れていて、たくさんの人が面白く引き込まれて行った様子がよくわかった。

DSC03199.JPG

あと小道具なんかも展示してあったり。

DSC03197.JPG

ゆっくり丁寧にこの上映会を準備されたのが伝わってきた。

上映後、おもわずウルウル
でも気持ちが軽くなって帰ってきました。

 

at 2016.03.18 Friday, 14:03, てれれ, 上映報告

学生版市民メディフェス2015



12月19日20日と京都で龍谷大学の学生中心の
メディフェスが開催された。

DSC02655.JPG

全国からたくさんの方たちが参加。

私も「トークセッション『メディフェス的女子会 and ボーイズ』」
にパネラーとして参加させていただいたが、もっと若い人たちに
登壇してもらったら良かったと反省!

今回は学生の発表などが中心で、上映作品もとても良かった。
始まったころの人たちがだんだん歳を重ねていく中、今回の
ような学生さんたちがすごく元気で内容も深い作品を作り
活動している様子を知ることができ、これからが期待でき
そうです。

at 2015.12.24 Thursday, 12:36, てれれ, 上映報告

平和を願っての上映会


12月19日
「平和のうたをうたおう・未来へ!
〜ピースニャンコおじゃみのこころみ〜

という上映会とイベントがふぇみんの事務所で行われた。

DSC02661.JPG

2年ほど前からてれれの事務所に月一で編集講座に来ていた
ふぇみんのメンバーさんが今回自作の上映会を企画された。

シニア部会の人たちがおじゃみ作りを通して平和を願う活動
をしている。それを撮影したものを30分ほどにまとめたもの。

ふぇみんはずいぶん長く続いている女性団体だ。
90歳を過ぎたかたを始め高齢ではあるが、それぞれの会話が
なかなか面白い。おじゃみを作りながらみんなで井戸端会議。
それがなんとも面白い。はっきり、今の政治について教育に
ついて、意見を言い合う。そんな様子と各地のおじゃみ歌。

それを子どもたちにも繋いで行くという作者の思いも込めら
れている。

上映後自己紹介と沖縄の民謡や踊り、合図の歌と踊りも
一緒にやらせてもらって、楽しいひと時だった。

終わった時、『ここにおるんじゃけぇ』も見てくれていた
人から「今日は来て良かったです」と声をかけてもらった。
とっても嬉しかった。

at 2015.12.24 Thursday, 12:14, てれれ, 上映報告

てれれラスト上映



24日最終日を迎えケーキを用意していたはずなのに、
ちょっと目算がはずれてかなり小さな生チョコケーキ、
ほんとに一口ずつみなんでわけわけ・・
というのも16名も参加してくれました。
最後ににぎやかな上映会になり、ほ〜としました。





さてさてしばらく休みに入りますが、年明け早々友人に誘われ、
秋田の神楽を撮影に。
また熊本のエンディング講座に参加などせわしない幕開けになります。
葛城市の講座はしばらく続きます。なんだかものすごくいい感じです。
そして広島へは次の作品のためちょくちょく行く事になりそうです。
さあさあ、やることはいっぱい。

てれれで得られたあらゆることをフル回転して、今後に活かせて
いけると思います。

いつの日かまたみなさんと面白い試みをしていけたらいいなと思いつつ・・

来年もど うぞよろしくです。 

at 2013.12.29 Sunday, 15:42, てれれ, 上映報告

どるめんで上映

最後のてれれ上映はどるめんからスタート。 最後の上映というので久しぶりにヨシダさんが来てくれた。 元々ヨシダさんが企画したイベントに参加したのがきっかけで 市民メディアに出会ったのでした。 そこで「市民メディアねっと」というグループを立ち上げ 市民メディアについての勉強会や講演会や上映会をしてきました。 また各地の公共施設のビデオ機材の調査までして、市民が使える 映像機器を調べたりもしました。 その後に「カフェ放送てれれ」を始めたのでした。 そのきっかけとなった、今日の「ヨーロッパの市民のメディア アクセス〜オランダ編〜」は久しぶりの上映でしたが、自分で 作ってなんですが、懐かしくもあり、すごいパワーを感じた。 8日(金曜日)は天人(朱夏)で19:00から上映です。 久しぶりの人もどうぞ参加を!!!!

at 2013.11.06 Wednesday, 21:38, てれれ, 上映報告

関西大学でてれれの話を




6月24日、関西大学に客員教授として来ている下村健一さんの授業に
呼んでいただき、てれれのことを話してきました。

「関西の代表的 地域メディア『てれれ』下之坊修子リーダーと語る」
なんてタイトルで。


地域メディアのことを学んでいる学生100人ほどが受講しているすごく
広い教室で、しかも大画面でてれれの作品を上映しながら下村さんの
質門を受け、てれれの誕生から問題点や上映していてのエピソードな
ど話しました。



一時限目の授業のあと下村さんのメディアリテラシーの授業を、私も学
生にまじって受けさせてもらいました。

自身のことをブログで間違って書かれたことやWikipediaでの記事と
実際との比較などとてもわかりやすく説明してくれた。リポートなどでも
事実と感情が入っている部分とを見分けて、見ている者が判断する必
要ある。「まだわからない事に対して結論を即断しないで保留にする」
ということにはものすごく納得。


久しぶりに会った下村さんの授業を受けさせてもらえてラッキーな一日
でした。

at 2013.07.17 Wednesday, 10:05, てれれ, 上映報告

てれれ上映【シネマ館】

 

7月20日(土)19:00から
中崎町にあるシネマ館でてれれ上映。
シネマ館のチラシに載ってます。
このスペースで上映です。


at 2013.07.16 Tuesday, 11:54, てれれ, 上映報告

【上映報告】どるめん

 


今回どるめん上映は久しぶりににぎやかでした。 




2013.7月どるめん



東京からアワプラネットTVで映像制作の講座を受講している人も取材にきて
くれたし。「ご近所シネマのススメ」(仮タイトル)というタイトルで制作
中だそうです。彼女は東京でのてれれの反応と 、大阪での反応が違うのは
なぜかという疑問を持ってました。 

前回のインドの映像で津波のシーンのナレーションに笑いがあった。
なぜこんな悲惨なシーンに。それは音声が機会の音だったから。

でも大阪で私が参加した会場ではそのシーンで笑う人が誰もいなかった。
それは、もしかしたら、大阪の人は「てれれはいろいろあり」に馴れて
きたのではないか。流暢なナレーションもあるが、決していい声とは言え
ない けどその人の声だとか、時たまマイクの調子が悪く、変な音になって
いたり、 でもそれが効果になっていたり・・・

たしかにそのナレーションの音声ことは上映後には話がでたが、その音が
好きな人も居たし、感情がないという話もあったし・・・ 
それにしても機械でナレーションが作れるとは!

なぞの多いてれれ作品たちです。

「面食い」はいろいろな捉え方ができるのは面白い、
帰ってからもいろいろ頭が回ってきて、とんでもない解釈が・・・

次回の上映会は12日(金)の天人。
そこで披露したいとも思ってますが、もっと他の作品のことも話ましょう
ね。






at 2013.07.07 Sunday, 14:44, てれれ, 上映報告

カフェ放送てれれ5&6月号感想

 

※上映会場のアンケートに書いてもらったものです。

●カフェ放送てれれ上映全般についての感想

・作品を観た後、色々お話をしてさらに、そこから様々な考えがうかんでくるの
 が面白かったです。
・何度も観ると愛着がわいてきます。
・今回のは、パワ−ポイント風なのが多い・・・・かな。わかりやすいかもしれ
 ないが、伝わりにくいと思った。
・映像を観に行って、観て皆で話すという行為はやっぱりいいなとおもいます。
・てれれは、なかなか社会派になりつつありますネ。
・さまざまな会場でいろいろな人に出会えるのも“てれれ”のおもしろさですね。
・何度か映像を見直して、本当に伝えたいことをきちんと伝えられる映像を創る
 ことができたらなぁと思いました。
・てれれではまだまだ新人と思っていましたが、今日の上映を見て、「アレ?
 ちょっとてれれっぽくないかも…?」と感じるくらい、いつの間にかてれれに
 染まりつつある自分を発見した今日の上映会でした。単に自己満足的なだけ
 の映像は観ていて正直つらいけど、レベル(技術)が上がれば上がったで、
 てれれっぽくなくなる?不思議です。あっ…きれいに撮りすぎてパワーを感じ
 にくかったかも。
・「てれれ」らしくない映像やね、今回は!!との意見あり。でもいろんな意見
 が出る何でも有りの「てれれ」らしいという結論で、みな納得という感じで終
 わりを迎えた。





●作品別感想
① あした天使になあれ
・きれいに作られている。市民手作り、というのがここからはあまり感じられな
 かったのが残念。

② もんじゅを廃炉に!
・普通のメディアでは見られない貴重な映像。面白かった。
・宣伝カーが無かったら良かったな。(政党のPR番組みたいで気になった)
・(上記とは反対に)そういう、作り手が意図していないかもしれないことが
  写ったり、それが気になったりしてしまうことも面白い。
・‘11に参加したので、ゲート前の警備や検問が加わっていることを知らされ
 た。

③ 大阪都構想
・行政の組合の人が作ったみたいな番組・・・(笑)。
 市民目線ではないような。
・本質が良くわかりました。
・寝屋川市在住だけれど、他人事では済まされないなぁと。自分が住んでいると
 ころの社会システムが変ることどうなるのか、想像できず…、映像を見ながら
 考えさせられました。
・都構想の話はなーんとなくいやな感じ暗いしかなかったのが身近な話の問題提
 起でおもしろかったです。高槻市民の自分としても、街への誇りと愛着がある
 ので、暮らしが変ることへ対してもうちょっとアンテナをたてないとなーと。

④ 生玉稲荷神社朝市
・同じ名古屋市だから、ぜひ行きたい!こんな場所があるんだと興味深かった。
・「いつからやってるの?」「むかしから」おばあちゃんかわいい!!
・何気ない様子がよかった。
・和み系の作品で、現地に行ってみたくなりました。

⑤ 1億人の十字架刑
・本人の声ではないことが、とても残念。誰がそれを話すのか、というのはとて
 も大切だと思う。
・ちょっと教科書的。途中から言葉に耳を傾けるのがつらくなってしまった。
・原爆をなくす運動の新たな地平を感じました。
・共感をおぼえます。

⑥ 空間
・途中で集中力が切れてしまった・・・。
・こういう作品がてれれに出されることはとても興味深い。アート的な作品を今
 後も期待したい。
・刺激的ですが、自分の想像力の乏しさを感じました。
・わかるようなわからないような。

⑦ さくらんぼの実る頃
・歌の力ってすごいと思った。語らなくても伝わるものがすごくある。
・追憶のパリコミューン。世界史の勉強不足で映像が短く、知識不足で、逆に興
 味をそそられています。勉強してみます。エディットピアフ、シャンソン、パ
 リのエスプリ、学生時代の第2外国語のフランス語へのあこがれを思い出しま
 した。
・なんとなく心がジーンとする作品です。
・手回しの楽器がいい感じ。
・労働者が初の社会主義政権をつくったのに、全員死刑にしたのがショッキング
 で


at 2013.07.07 Sunday, 14:15, てれれ, 上映報告

| 1/7PAGES | >>