calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

categories

archives

第5回エンディング講座

 

2019年1月13日

 

いのち

ー生と死、自然と人々の営みが交叉するー

の「場」はどこに?

 

というタイトルで講師、水野博達に来て頂き開催

介護保険は当事者の要求からできたわけではない。

ゆえにいろいろな問題が出ている。高齢者が生きていく権利

を守るためには声をだしていくしかない。

 

 

シーケンス 4.jpg

 

 

介護保険は女性の運動からできたというのが大きかったが、介護を求める人たちが作ったものではなかった。「介護地獄」はいやだというのが介護保険を作ったエネルギーになった。それは当事者の要求ではない。高齢者が生きて行く権利をきちっとみなおさないとだめ。

 

生まれた時も死に行く時も病気の時も人間は依存しないといけない。

 

人間は必ず死ぬ。介護保険は中産階級の人をモデルにしているし、近代的な医療の考え方(死は敗北)が入っているので、死ということを前程にした保険制度ではない。

 

 

我々の力では勝てない問題に対して人間的な連帯をどう作っていくかということを考えないといつまでも元気で、元気であることが絶対正しいとなると障害を持った子どもは正しくないということになる。

 

依存という考え方は非常に大切で、依存できる関係を社会の中に作りこまないといけない。

 

 

自立とは個人の尊厳をベースにして物を言い考え議論してみんなと社会をつくっていくという考え。ピンピンころりが自立だと思われているが違う。病気になってもその人の意志に基づいて社会生活を支えることが自立であって、自分でやることが自立ではない。

 

意見を表明する文化が日本にはない中で自立という概念が先行している。

要介護3以上の人は国が介護し、それ以外の人は誰もがなることなので地方自治が税金でやるべき、そして地域でお互いの助け合いを使ってやっていくことが必要。地域の基本的な力を取り戻して介護や育児などの問題を解決していく必要がある。

 

 

 

近代は人間中心の社会になった。自然改造も平気でやる。死という問題に対しても整理がつかなくなってきた。

 

滝畑に来てみたくなった理由の一つ、人間が自然の中で生きているということ。下之坊のFBに神社やお寺がでてくる。高度成長以前の田舎では神社やお寺で人々は自分たちの魂をそこに託していた。何かあったらそこに帰ってこられるという、そういうのが地域社会の中にあった。人間が一番えらいわけじゃなく、自然と共に生きていくんだということを確認できる場がないと原発がさいたるもんで、自然をぶっ壊して地球そのもの、生命体が維持出来ないことが起こってくる。

 

 

高齢者の存在が社会をよくする。高齢者がつちかってきた知恵、力を次の世代につなぐことの意義が大きい。

親たちが死にそうになってやっと戦争の体験を語りだした。高齢になって懺悔の気持ちから自分たちが生きて来たことの反省点を話す。例えベッドの中からでも当事者の声を伝えて行く必要があるのではないか。

 

 

 シーケンス 7.jpg

 

水野さんのお話を聞いて一休み、みんなでぜんざいを食べました。

 

シーケンス 2.jpg

 

そして参加者の一人がハーモニカの演奏をしてくださいました。

シーケンス 3.jpg

 

その後、質問、感想、意見交換が活発にされ、もっと時間がほしいと思いました。

 

 

介護制度がどのようにして作られて来たか、その問題は何か、解決策はなどいろいろお話していただいた。

 

自然と共の生活の中でお互いに依存しあいながら地域の力をつけ自立した社会を作っていくための大きな指針をいただいたような気がします。

 

これからもエンディング講座を続けていきます。


at 2019.01.13 Sunday, 22:55, てれれ, 滝畑プロジェクト

滝畑通信No.4

 

 

2018年を振返って

 

地域の映像づくりに参加

河内長野市在住の方から依頼の映像制作を皮切りにひまゆ会から日野地域の、友人から朗読劇の撮影など映像チームで取り組む。少しずつ地域の映像づくりに関われるようになってきた。昨年は滝畑の秋祭りの撮影もできた。次の世代に生活や文化を繋いでいる様子に触れ、ここには安心できる暮らしがあると感じた。

 

 

 

 

 

 

 

滝畑の暮らし紹介

滝畑の暮らしを各地で紹介する機会も多かった。滝畑てれれのイベントをきっかけに八尾のFMラジオに出演、尼崎や西宮の女性センターでも「めんどくさいことを手放さない暮らし」をテーマに映像をまじえて話しをさせてもらった。

 

  

 

 

 

 

自作ドキュメンタリーの上映会

強制不妊手術をされた女性のドキュメンタリー『ここにおるんじゃけぇ』を各地で上映。「身体障害がある人と周りの人の集まりin小金井」東京のドキュメンタリー映画祭、シニア映画祭、西宮女性センター、富田林高校、河内長野市にぎわいプラザ・・・。

 

42045502_324764781631359_4224063463321763840_o.jpg   

 

 

DSC08200.JPG  36028985_10213857962301265_846728097754513408_n.jpg

 

もう一つの自作ドキュメンタリー『ふりぃだむのシンデレラ』もきらっとぴあ、まちライブラリーで上映

 

   IMG_0405.JPG

 

平野の松村フィルムの展開

平野の松村さんの映像を預かったのをきっかけに出来た「次世代に映像文化を伝える会」も動きが。富田林の寺内町、シネマ+でフィルム上映とワークショップ、またクラウドファンディング報告と上映会を平野の全興寺で。

 

IMG_1464.JPG   IMG_1498.JPG

 

映像チームの活動

また農福連携の映像づくりに取り組むので映像の勉強会も。もっと多くの人に見てもらおうと公開上映と作品募集も始めた。

1月29日にぎわいプラザで上映会

 

46742265_10214932442802606_7240310259615531008_o.jpg

 

 

昨年の2大イベント

一つ目は阿部ひろ江ドキュメンタリー映画(ゆらりゆらゆら)上映&ライブ。もう一つはエンディング講座の続きで映画『四万十〜いのちの仕舞〜』&千早赤阪村のグループホーム代表鶴谷さんのトーク。

 

 

 

滝畑映画表面out.jpg   DSC_0319.JPG

 

次回、第5回エンディング講座は1月13日水野博達さんの講演会(いのち… 生と死、自然と人々の営みが交叉する…の「場」はどこに?)開催 します。

 

 

滝畑てれれの日常

またもやスズメバチが巣作りに、イノシシが池のセリを根こそぎ食べに来、どうもたぬきがツッカケ持っていったような。そうそう台風で2日間停電。野菜や米の備蓄、釜と薪、わき水。心丈夫やった。コンニャク作り、夏カレーを食べる会、観ボラさんの芋煮会。夏野菜の不作でがっかりしたが、瓜、三度まめ、トマトなどは収穫。秋には農アドバイザーさんによる学習会も。

今年の春ごろに種の交換会をすることに!

関学のゼミ合宿やみんたくさん主催で台湾の学生が訪れた。ピザ釜も大活躍。年末は恒例の餅つき、はじめてさつま芋餅も登場。

 

 

 

 

 

DSC08351.JPG  IMG_1231.jpg

IMG_0350.JPGh

 

 

IMG_1509.jpg  

 

 

 

DSC08458.JPG  DSC08166.JPG

 

 

DSC08493.JPG  30727324_10204385233308798_7482915644858433536_n.jpg

 

IMG_1531.jpg

 

 

  

 

 

 

虫や野生の動物たちとの共存。自然の中で暮らしている実感。いろいろな発見。表現の面白さ。人と繋がりながら、住み心地よい地域を続けていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


at 2019.01.07 Monday, 22:18, てれれ, 滝畑プロジェクト

次世代に映像文化を伝える会         クラウドファンディング報告上映会

 

平野全興寺にて 2018年12月15日

会の木下ひとみさんより報告と挨拶

 

IMG_1700.JPG

 

松村長次郎さん他の映像上映

 

IMG_1684.JPG

 

IMG_1698.JPG

 

 

その後、黒瀬さんの司会による対談

木村 家康さん(特定非営利活動法人アートポリス大阪協議会)

太田米男さん(大阪芸術大学教授/京都おもちゃミュージアム)

 

 

 

木村さんより「松村さんは平野をメチャ愛していて、話しが面白い。平野は自治の町、大阪の歴史の原点を感じるた。現在松村さんの映像の一部は大阪市立中央図書館と平野図書館に置いてある。それらの映像は平野の財産である。平野のことを知ってもらうためにも残さないといけない。」

 

太田さんより「フィルムの歴史の話しや今世界的にも保存の動きがある。同時に機材も残していかないといけないとうこと。古いフィルムのデジタル化が進んでいるが、どこまで残せるか疑問でもある。常に劣化していく危機感があるので原板を残して行くことも大事。」

 

 

IMG_1704.JPG

 

全興寺住職さんより「自分が死んだらこのフィルムたちは無くなると松村さんは言っていたのに、今上映を何回もやっていることにきっと驚いていると思う。松村さんの思いを大事にしてきたい。」

 

「フィルム映像は空気感が伝わるような気がする。フィルムを残すことの文化的価値についてはどうか?」の質問に

太田さんより「デジタルは一瞬にして消えてしまうことがある。フィルムは120年の歴史がある。4kでデジタル復元した映像がある。科学的にフィルムの方が快調が広く、画素数が多いだけでは見た感じとか印象が違う。」

 

最後に住職さんから「平野は町ぐるみ博物館をやっているが、観光客を呼ぶためではない。物を見せる=観光ではなく、目に見えないもの、歴史、文化、風を感じてほしい。人の関係や生活している人を再発見してほしい。」と。

 

みなさんのお話はとても良かった。古いものを残す意味や住み良い街にしていくヒントを与えてもらった。

 

 


at 2018.12.16 Sunday, 19:30, てれれ, -

第5回エンディング講座

 

2019第五回エンディング講座 .jpg

いのちー

生と死、自然と人々の営みが交叉する

ーの「場」はどこに?
 

2019年1月13日(日)13:00〜1600

講師:水野博達 (みずの ひろみち) さん
参加費:1500円(ドネーション・物々交換可/カンパ歓迎)


超高齢社会、介護労働の過酷な現状、私たちは安心して介護を受けられるのか?人は他者に依存しないと生きていけなくなる。その時自分らしい生き方をするには?私たちの地域からどう作っていけるのか。
介護現場に関わってこられた講師、水野博達さんに現状を聞き、みんなでディスカッションしながらこれからを模索しませんか?



講師プロフィール
1995年、特別養護老人ホーム事務長、施設長を歴任。2009年より大阪市立大学大学院創造都市研究科特任准教授
『介護保険と階層化・格差化する高齢者』明石書店/2015 参考図書(講師からの推薦)(岩波新書)小竹雅子著
「総介護社会―介護保険から問い直す」

<申込問合せ>
映像発信てれれ  河内長野市滝畑 0721-69-6915

<アクセス>
南海高野線・近鉄南大阪線 河内長野駅下車
南海バス滝畑ダム行き(7番のりば)約35分 滝尻下車歩3分
場所の詳細は http://terere.jugem.jp/?cid=31
南海バス乗車券(往復格安チケット600円駅のコンビニで販売)
バスは11:02か12:30に乗車ください    

第1回から第4回まではこちら↓
http://terere.jugem.jp/?cid=34


at 2018.12.12 Wednesday, 20:19, てれれ, エンディング講座

『アイたちの学校』試写会に

 

 

IMG_1669.JPG

 

12月7日『アイたちの学校』朝鮮学校の歴史と現状を描く初の長編ドキュメンタリー、試写会に招待していただき参加させてもらいました。

 

 

 

監督の高賛侑(コウ チャニュウ)さんのお話

「歴史があまりにも知られていない。日本の世論が声を出さなくなって来たのが一番残念だ。少年が殺された時何が起こっていたのか。デモ隊に威嚇射撃されたことはわかっていたが、今回初めて20発も発砲されていたことが判明。編集で映像を見てあらためて凄まじい現実を感じた」「今後全国展開するとともに、韓国で上映したいし、英語版も作りたい」

 

IMG_1667.JPG

 

 

会場から

「この差別の中で、民族教育が今なお行われているという事実、どうして守られているのかということをもっと描いてほしい」

 

制作にかかわった人から

「日本社会の問題として日本人にどれだけ伝わるかということを考えて制作にかかわってきた。子どもたちの声を残しておくこともたいせつに。」

 

 

知らなかったことがたくさんあった。もう何回か見たい映画だ。

来年早々、十三の第七藝術劇場で上映される

2019年1月12日(土)〜18日(金)15:30〜17:10

 


at 2018.12.08 Saturday, 21:22, てれれ, -

今年も餅つきの季節が

 

 

 

15942574_10209483677906889_593210686_o.jpg

2016年の餅つきの様子

 

 

 

今年も餅つきします!

 

12月29日(土)9:30ごろスタート。

場所:滝畑てれれの家 (0721-69-6915)

参加費:だいたい500円ぐらい(物々交換可、持込み、カンパ歓迎)

千早赤阪村の結の里さんに餅米13kg 注文しました〜。

米の量があるの事前申込みくださいね。

 

 

 

 


at 2018.11.28 Wednesday, 09:51, てれれ, 滝畑プロジェクト

てれれ上映、滝畑にて

 

ひょんなことから滝畑でてれれ上映会を再開

今日はそれぞれが作品を持ち寄って、パソコンで鑑賞

 

 

DSC08674.JPG

 

 

 

スズキさん 

さつまいもの上手な掘り方がテーマの作品

 

DSC08675.JPG

 

さすが農アドバイザーさん。わかりやすく伝える映像作りにチャレンジ。

しかし「テンポが早すぎるんじゃないの」という感想など

 

 

 

いのうえさん 

今まで撮りためた映像をテンポよく繋いだ作品

 

46742265_10214932442802606_7240310259615531008_o.jpg

 

「いろいろな人が出ていて面白い」

「演奏しているシーンも何箇所かあり見ていて楽しい」

「でもいのうえさんを知らない人が見たらどうやろ」

なんて意見も。

 

 

 

カズマさん自分の心象風景。

 

46680949_348607172572242_9038934295644733440_n.jpg

夜中の街の映像とテロップが効いている。

「映像が綺麗だ」「あの年代のことを思い出し共感する」

「さすがにうまい」

「でもテロップ無しだとどんな映像になるかなあ」

 

 

しゅうこさん

滝畑の秋祭りの映像

 

DSC08677.JPG

 

村人たちの祭り。夜中の8時スタート。素朴だ。

「一人で撮影するのはどうか」

「確かに付いて歩きながらの撮影は無理がある」

「でも観光的に紹介するより、こんな山奥の村人だけでやる

祭りの良さを伝えたかった」

 

 

結構みんないろいろ感想言い合って良かった。

 

次回は12月18日(火曜)13:30〜14:30

見るだけの参加もありですよ。

今回見るだけやった人「なんか作りたなって来た」

と言ってはった。

これぞてれれや!

見てた人がいつの間にか作る人になっていく。

不思議な何か・・


at 2018.11.23 Friday, 20:57, てれれ, 上映報告

畑の日

 

 

 

IMG_1551.jpg

 

IMG_1568.jpg

 

まずは宿題である自分ちの畑の雑草写真を見ながら

農アドバイザーの鈴木さんより話を聞く

 

複数の種類の雑草が生えて居るのが良い。

 

しかしてれれの畑はあまりにもみすぼらしい雑草が寂しく生えている。

なので今日までに少しは草を引いて綺麗にしておこうと思っていたが

結局何もできずそのまま。

 

 

でもそれで良かった。秋草や冬草はあのいまわしくすくすく育つ夏草

を生えにくくしてくれるそうな。

 

 

その後、パソコンを見ながら土についての話

 

IMG_1553.jpg

 

土の酸性やアルカリ性についての説明もとても参考になった。

 

また土を掘って写真を撮ってくる宿題の説明。

てれれの畑のは根がそこそこ土の中に入っているので

良い環境になっているようだ。

 

DSC08665.JPG

 

鉄錆のような土は水はけの悪い土。田んぼによくある青灰色の土は水はけが悪いので稲作に良いそうだ。

酸性が強い土は牡蠣殻、貝殻、竹墨、灰などは酸性をアルカリにしてくれる。

う〜んこれも良いやってみようと思った。

 

次にこの種実はアスパラガスだ。初めて見た。

IMG_1566.jpg

 

そしてなんとこの巨大にんにく頂いちゃいました。

 

IMG_1564.jpg

 

次回は12月16日(日)10:00から12:00

なんとこの日は日野の「みんなの未来かいたく団」から

玉ねぎの苗をいただくのでみんなで上の畑に植えましょう!

それと種の交換会をします良〜。


at 2018.11.22 Thursday, 22:24, てれれ, 滝畑プロジェクト

かわちながの観光ボランティア倶楽部のイベント

 

 

午前中は小雨が降る中30名ほどの人たちが滝畑訪問

今回は滝畑てれれの家にも立ち寄ってくれた。

 

今回はいも煮会をするということで。

 

IMG_1509.jpg

 

まずは準備

 

IMG_1516.jpg

 

滝畑の映像を見て

 

IMG_1524.jpg

 

幸い雨が上がって、外でいも煮を準備

 

IMG_1525.jpg

 

IMG_1532.jpg

 

ピザ窯では焼き芋も

 

IMG_1531.jpg

 

IMG_1541.jpg

 

これはなかなか美味かった!熱々を目を細めて食べている。

そして勿論ピザも

 

IMG_1545.jpg

 

おまけにコーヒ。

 

IMG_1548.jpg

 

みなさんすっかり満足げ。

 

こんな会にもてれれの家を利用していただいて良かった。


at 2018.11.19 Monday, 18:32, てれれ, -

シネマ+で平野の松村さん映像を上映

 

 

平野郷の地域映像がシネマ+にて上映された。

富田林寺内町の仲村家蔵で松村長二郎を中心に8ミリ映像などの上映。

サイレント映像の上映、みなさん見入っている。
音が無いぶん映像に集中しているようだ。
子ども達の表情から笑い声が聞こえてきそうな気がした。
やっぱり映写機の音は素敵だ。

次世代に映像文化を伝える会の木下さんから挨拶があり、
上映後はフィルムの話しなど黒瀬さんから説明。
参加者は熱心に聞いてくれた。


at 2018.11.19 Monday, 18:19, てれれ, 滝畑プロジェクト

| 1/83PAGES | >>